スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

野球データ

小園海斗をスタメン固定させたがる人たちへ

「聖域」作りを求める「聖域批判者」 カープのショート30年史 高卒選手のショート固定が危険な理由 「聖域」作りを求める「聖域批判者」 昨年のドラフトで4球団競合した広島の小園海斗が、 フレッシュオールスターでHRを放ちMVPを獲得した。 田中広輔の不調…

アメリカの大学でプレーする日本人選手

カーター・スチュワートのNPB入り NCAA所属の日本人選手 Takahiro Yamada 山崎真彰 浦田力樹 牛丸京輔 Tora Otsuka NAIA他所属の選手 最近アメリカの大学でプレーした選手 寺嶋大賜 秋利雄佑 カーター・スチュワートのNPB入り 先日、昨年のMLBドラフトでブレ…

平成の簡易サード史

サード簡易30年史 広島 ヤクルト 巨人 横浜 中日 阪神 西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 近鉄 楽天 皆無に近い高校生サードのサード 今年、一部の人たちの中では 岡本和真、村上宗隆、安田尚憲といった 大型高卒サードのスタメン固定が期待され…

日本球界は本当に「打高投低」か

「打高投低」の定義とは たいして打高投低ではないNPB 年によってばらける高校野球 神宮改修の影響を受けた東京六大学と東都 結論 野球は常に「打高投低」? 「投高打低」は強打者を育てていない 今年のプロ野球は、 シーズン開始当初から 「打高投低すぎる…

『グランド・スラム』で読む有望選手

最初に注意点 投手 投手に関する注意点 三振率8.00以上 K/BB2.50以上 野手 打率.350以上 長打率.450以上 出塁率.400以上 先日、「迷スカウト」で知られる蔵建て男氏が、 社会人のドラフト候補に注目するための指標の一つとして、 昨年の成績が 「野手は打率.…

センバツ大会の簡易まとめ

昨日、東邦高校の優勝で幕を閉じた今年の選抜野球大会。 大会前の球数制限にまつわる流れや、 サイン盗み疑惑やら美爆音やら 何かと話題も多かった今大会だが、 今回はその点は置いておいて、 今大会の全体の傾向を簡単にまとめてみよう。 過去2年よりは投高…

2019年二軍戦開催球場一覧

二軍本拠地球場 その他の開催球場 イースタン主催 ウェスタン主催 2/22追記しました。 なんでブログをあげた翌日に追加発表されるかな。 前回の一軍に続いて 今回は二軍の開催球場。 3月になるとオープン戦や教育リーグも始まるので、 少しでも観戦の参考に…

3年で戦力外の佐藤世那は異例だったのか

3年以内に戦力外となった高校生 投手 野手 佐藤の例から見える別な問題点 佐藤世那を簡単に分析してみよう 昨年オリックスを戦力外になり、 今年から横浜球友クラブでプレーすることになった佐藤世那投手が、 先日から話題になっているらしい。 そんな中で時…

プロ野球のエクスパンションは可能か

「プロ野球」特有の事情 12球団のホーム 新球団候補地の交通事情 もう一つの交通問題 先日、zozoの前沢社長が近年中の新規参入を断念したと伝えられた。 NPBのエクスパンションを望む声は根強いが、 複数球団の参入はやはりかなり難しいということなのだろう…

巨人が「強奪」をやめたとき

「『育成の巨人』へ帰れ」 現実の2011年 「強奪」に潰された若手はいずこへ 今年の「大補強」の意図を考えてみる 「『育成の巨人』へ帰れ」 今年の巨人は、FAで丸佳浩、炭谷銀仁朗を獲得、 さらに岩隈久志なども獲得とかなり精力的に動いている。 これで2013…

東京六大学の連投・2018年秋

先日の野球太郎 早稲田大 慶應大 明治大 法政大 立教大 東京大 連投ではない酷使の例 先日の野球太郎 先日の野球太郎座談会で、 「投手の酷使は高校野球より大学野球のほうが深刻では」 という話が出ていた。 地方の大学野球もかなり観戦している方々らしい…

巨人はなぜ丸を獲得する必要があったか

生え抜きの若手を 我慢して使い続けても 伸びない時にどうするか 生え抜きの若手を 丸の選択、巨人の選択ともに 全否定していない人の方が圧倒的に少ない。 丸の場合は人格否定やら何やらで、 日本では国内、特に巨人にFA移籍した選手に 必ず浴びせられる内…

谷田成吾の2018年「指名漏れ」の考察

先日のドラフト後、 徳島インディゴソックスに在籍していた谷田成吾選手が現役引退を表明した。 日本シリーズがさっき終わったばかりだけども、 今回はこのブログの大半のアクセス数を担ってくれた 谷田選手の今年を簡単に分析してみたいと思う。 2018年アイ…

ショート14年史

今回は、 今年ドラフト候補が特に多いショートについて 楽天が参入した2005年以降の各チームの動向を見てみることにした。 東北楽天 阪神 千葉ロッテ 中日 オリックス 横浜DeNA 北海道日本ハム 読売 福岡ソフトバンク 東京ヤクルト 埼玉西武 広島東洋 高卒シ…

平成における野手・投手の複数年起用人数

基準値 1989~1992年 1996~1999年 2007~2010年 2014~2017年 選手起用の劇的な変化 以前、過去の強豪チームの野手・投手人数を出したことがあったけれども、 今年は平成最後の年なので、 平成に入ってからの各4年間データを いくつかの期間に分けて比較し…

2018夏甲子園を数字で簡単に見る

今年で第100回目を迎えた全国高等学校野球選手権大会。 満員札止めが例年以上に早かったそうで、 昨年の東京と並んで 高校野球の異常なまでの人気ぶりを示す格好になった。 そんな今回の大会はどんな大会になったのか、数字で簡単に見てみよう。 思ったほど…

2018年の村田修一を比較する

横浜、巨人に在籍し、 今年はBCリーグの栃木でプレーしていた村田修一選手が現役引退を表明した。 今年中のNPB復帰を目指していたが、 契約にいたる球団は現れなかったようである。 契約に至らなかった理由に関しては 各メディアやSNS上でいくつもの意見が飛…

大学生投手の連投・2018春東京六大学

最も酷使が目立ったのは ガイドラインの意味 前回の東都に続いて、今回は東京六大学。 今回も全ての連投を取り上げたので、 中にはどう考えても酷使とは言えない連投も入っている。 なので、「これは酷使と言われても仕方ないだろう」という連投は赤字、 「…

大学生投手の連投・2018春東都

東都一部 東都二部 今回は、先日の最終節で 東洋大・亜細亜大の両先発三連投が少し話題になった 東都大学野球での連投を簡単に取り上げてみたい。 ただし先に書いておくが、 このデータは大学野球の監督をただ批判するためのものではない。 この点はくれぐれ…

大学野球の日米バランス比較

日米のリーグ戦の違い 投高打低の日本、打高投低のアメリカ 大学以外のアマチュア野球・独立リーグ 日程と形式が生み出す日米の違い 4月になって、 日本でも各地で大学野球の春季リーグ戦が開幕し始めている。 一方アメリカでは、 公式戦の形態が大きく異な…

アメリカ大学生投手の登板例

前に、日本の大学生エースがどのような登板をしているか見たが、 アメリカの場合はどうなのだろうかと少し気になった。 というわけで、今回は2016年のカレッジワールドシリーズを制した コースタル・カロライナ大学(サンベルト・カンファレンス所属)の Ale…

選抜高校野球の投打のバランス

例年よりトータルでは打高投低だった2018年 ベスト8前と以降のバランス 史上三校目となる大阪桐蔭の春連覇で幕を閉じた今年のセンバツ。 今年の大会と過去5年間の打撃スタッツを出してみた。 例年よりトータルでは打高投低だった2018年 打撃成績を見ると、 …

ドラフト4年以内の自由契約選手

野手は長く粘り強く育成される 本指名選手のタイムリミット 2014年に、ニコニコのブロマガで 「プロ入り後4年以内に自由契約となり現役を退いた選手の比率」を出したことがあった。 今回は4年後の現在はどのような数字になっているのか見てみたい。 野手は長…

強豪チームに学ぶ野手・投手起用人数

日本一チームの年間野手・投手人数 強豪チームの通算野手・投手人数 2014~17ソフトバンクから見えてくるもの 漫然と過去に学んではいけない 以前、NPBにおける選手起用人数について書いたことがあった。 しかしあれを見て、 「人数が多くなるのは選手を固定…

育成指名選手のタイムリミット

育成選手制度がもうけられて既に10年以上が経過した。 最近は育成選手枠を増やすチームが以前よりも多くなってきており、 育成選手から支配下登録されて一軍でも活躍しだした選手は、 ごく一部の球団を除いて「育成の星」と呼ばれたりする*1。 ところでそん…

多投する大学生投手の一例

2015~2017年東京六大学から 2015~2017年東都から 他のリーグの例 ここ最近の最多イニング選手 昨日、昨年の東京六大学投手の連投について紹介したが、 今度は個人について。 最近の大学生投手でかなりのイニング数を投げた投手が どのような頻度で登板して…

大学野球の連投例

球数制限ガイドライン 東京六大学の連投例 勝ち点制がもたらすトーナメント式投手起用 球数制限ガイドライン 先日、首都大学野球連盟が投手の球数に関するガイドラインを設けた、 との報道があった。 高校野球ではたまに議論される球数制限だが、 注目度が高…

NPBにおける野手・投手起用人数の変遷

今回は選手起用の時代の変遷を見ようという話。 前置きは抜きにしてさっそくいってみよう。 一軍主力野手・投手の人数 一軍出場した野手・投手の人数は 余談 現代野球に必要不可欠な存在 一軍主力野手・投手の人数 主力の条件は 野手は100打席以上または全試…

NPBのPAPランキング

最近どうやら、NumberやFull Countに PAP(Pitcher Abuse Point)を使った記事が出ていたらしい (私は著者名を見た瞬間に読む気が失せたので読んでないのだが。申し訳ない)。 一方でこのPAPについてはその価値に疑問符をつける人が、 セイバーメトリクスの…