スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

アメリカの大学でプレーする日本人選手

スポンサーリンク

 

カーター・スチュワートのNPB入り

先日、昨年のMLBドラフトでブレーブスから1巡指名をされていた
カーター・スチュワート・ジュニア投手が
ソフトバンクと契約したと発表された。
これはついにMLBに勝ったという単細胞な話ではなく、
今までその年での指名契約を拒否した選手がとってきた、
進学や進級、独立リーグなどの選択肢の中に
NPBが入るようになったというだけのことで、
もしNPBで活躍したら早い段階でMLBと大型契約する、
と考えるのが自然だろう。
スコット・ボラスのことだから、
全体8位指名の上限金額に対して
かなりふっかけたんじゃないかと勘ぐってしまう。
もっとも現在のMLBMLBで、
ボラスの批判も真っ当と思うぐらいケチというか
安く使い捨てる傾向が強くなってきているので、
どっちもどっちという気もしないでもないが。

ところで、スチュワートが今年大学でプレーしていることは
公式発表や各ニュースではしっかり書かれているのに
あまり注目されていないように見える。
今シーズンのスチュワートのスタッツはこうなっていた。

  M W L IP H HR BB SO R ER ERA K/9 K/BB K-BB
2019 13 2 2 74 1/3 41 3 26 108 26 14 1.70 13.08 4.15 28.3%

Div1とはいえ、
NJCAA*1でこれぐらいだとどうなんだろうか。
素材はたしかだが四球もやや多く、
2、3年後を見たMLBの即戦力とは考えづらいようにも見える。
それもあって今年のドラフトを回避したのかな。
しかし、この選手が日本でどれぐらいやれるのか、
様々な意味で今後の試金石になるので、
面白い存在であることは間違いない。

さて、来週からはMLBドラフトが行われるが、
現在アメリカの大学でプレーしている
日本人選手は決して少なくない。
今回はそんな日本人選手を何人かピックアップしてみた。
ただし私はそちら方面の専門家でもなんでもないので
知らない選手もかなり多いと思うし、
知っているがここでは紹介しない選手も数多くいる。
もし情報があれば皆さんもどしどしコメントしていただけると幸い。

NCAA所属の日本人選手

Takahiro Yamada

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2017 59 12 1 0 0 11 9 0 0 1 0 .203 .220 .300 .520
2018 158 46 4 1 3 28 14 12 3 3 6 .291 .386 .381 .767
2019 156 41 8 0 1 25 32 15 1 0 5 .263 .333 .431 .765

高校(コロンバス・イースト高校)からアメリカでプレーしており、
現在はNCAAのDiv1、デイトン大学(Atlantic10)に在籍。
今シーズンはサードからセカンドに回っているようだ。
長打力がネックになりそうではあるが、
現在、MLBドラフトを目指すと公言されている日本人選手は
この選手だけだと思う。
今年のドラフトでどうなるだろうか。

山崎真彰

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2018 178 55 9 0 2 13 23 2 2 5 4 .309 .393 .392 .785
2019 182 56 5 0 2 14 20 1 1 1 5 .308 .368 .379 .747

東京学館浦安高校から東京国際大学に進んでいたが、
2年春(2015年)を最後に名簿から外れた。
姉妹校であるウィラメット大学へ留学したと思われる。
現在、ハワイ大学(Big West、Div1)でショートとして活躍。
こちらも長打力はいまひとつで、
ドラフトという視点に立つと
24歳の年齢もネックになりそうだ。

浦田力樹

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2017 3 0 0 0 0 3 1 0 0 0 0 .000 .000 .250 .250
2018 9 2 0 0 0 3 1 1 0 0 0 .222 .222 .364 .586
2019 139 31 0 0 0 26 18 3 5 3 1 .223 .223 .325 .548

サンフランシスコ大学(West Coast、Div1)に在籍しているショート。
高校からアメリカへ渡っている。1997年生まれ。
過去2年間は控えだったが、
今シーズンからスタメンに定着するようになった。

牛丸京輔

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2018 118 33 4 2 1 22 11 4 1 4 1 .280 .373 .356 .728
2019 178 60 8 2 3 21 12 4 10 3 3 .337 .455 .386 .841

シトラス大学でプレーしたのち、
NCAA Div2のカリフォルニア州立大学イーストベイ校へ編入
外野全般を守るが、レフトに入ることが多い。
長打はやはりいまいちだが、足を使うことが多い選手のようだ。

Tora Otsuka

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2018 174 55 6 1 0 14 13 5 10 2 7 .316 .362 .380 .742
2019 171 49 7 1 2 25 24 9 3 2 1 .287 .374 .402 .776

NCAA Div1、サンディエゴ大学(West Coast)でプレーする外野手。
ランチョ・バーナード高校*2を経て現在に至る。
プロフィールによると、
父はパドレスとレンジャーズでプレーした元メジャーリーガーとのこと。
そう、近鉄などでも活躍した大塚晶文氏の息子である。
今シーズンは長打力の底上げをテーマにしていたのか、
三振と四球も増えている。

この他、NCAA Div3の大学に所属する選手もいる。

NAIA他所属の選手

留学する日本人選手の場合、
まずはジュニアカレッジなどでプレーした後、
より上の学年のリーグへ編入することが多いのだが、
NCAAではなくNAIA*3所属の大学へ進むケースも目立つ。
ここでは、NAIAなどで活躍している選手の一部を列記しておこう。

藤枝直孝(SS、サウスウェスタン・カレッジ(NAIA))

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2018 171 59 8 1 1 12 19 6 13 5 3 .345 .421 .426 .847
2019 125 44 9 0 0 13 19 3 8 4 0 .352 .424 .449 .873

日大高校(2014年度卒)―モントレーペニンシュラ

薄田翔太(2B、ジョージタウン・カレッジ(NAIA))

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2019 162 45 12 4 6 39 25 3 5 2 2 .278 .512 .378 .891

高校不明―シトラス
1997年度生まれ、札幌羊ヶ丘リトルシニア出身

風間航(SS、ベルビュー・カレッジ(NAIA))

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2019 104 35 5 0 2 8 15 1 5 0 1 .337 .442 .425 .867

小山台高校(2015年度卒)―サセックス・カウンティ・コミュニティ・カレッジ

海野貴嗣(RHP、シエラ・カレッジ(CCCAA*4

  M W L IP H HR BB SO R ER ERA K/9 K/BB K-BB
2018 16 2 1 32 22 2 10 29 8 5 1.41 8.16 2.90 14.8%
2019 18 5 3 34 2/3 31 0 14 41 13 12 3.12 10.64 2.93 18.1%

水戸葵陵高校(2016年度卒)出身

サラサル・アレキサンダー・英二(RHP、リバーサイド・シティ・カレッジ(CCCAA))

  M W L IP H HR BB SO R ER ERA K/9 K/BB K-BB
2019 17 6 3 81 62 0 39 90 26 18 2.00 10.00 2.31 14.8%

近江高校(2016年度卒)―天理大学
来年はキャンベルズビル大学(NAIA)でプレーするとのこと。

こうしてみると、
日本人選手は投手で活躍する選手が非常に少ない。
アメリカ在住の日系選手はBig West Conferenceに2人いるのだが、
こちらも活躍とまでは言えない状態である。
そういえば、以前NPBでドラフト指名された藤谷周平*5や高橋慎之介*6
制球力など課題が多い選手だった。
単に留学を選択する選手に投手が少ないだけかもしれないし、
アメリカの大学野球が極端な打高投低だからかもしれないが。
そういう意味では、活躍してもリーグ平均を少し超える程度の
野手のほうが重症と言えなくもない…のか?

最近アメリカの大学でプレーした選手

寺嶋大賜

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2016 199 59 9 1 0 12 17 7 8 4 0 .296 .352 .382 .734
2017 159 47 5 2 0 15 16 8 8 3 2 .296 .352 .401 .753

2017年までNCAA Div1のセントボナベンチャー大学(Atlantic 10)で
プレーしていた外野手。
青森山田高校では京田陽太と同期だった。
卒業後、昨年から日本ハムの通訳兼広報になり、
週刊ベースボールや日刊スポーツなどでも紹介された。

秋利雄佑

  AB H 2B 3B HR SO BB HP SB CS DP AVG SLG OBP OPS
2015 210 60 11 3 3 51 25 8 11 4 3 .286 .410 .388 .797
2016 200 58 11 4 2 37 24 8 23 2 4 .290 .415 .398 .813

Big westのカリフォルニア州立大学ノースリッジ校で
2016年までプレー。
MLBドラフト指名を目指しており、
2015年にBSの番組で取り上げられて話題になった。
現在は三菱重工名古屋不動の二番ショート。
といってもバント型ではなく、クリーンアップとして活躍している。
『グランド・スラム』によると
今年はNPBドラフト指名を目指すとのこと。
27歳の野手だとどれだけ実力があっても
NPBではまず指名されることがなく、
厳しい道だと思うが
どれだけアピールできるか注目したい。

*1:National Junior College Athletic Association

*2:ヤンキース2Aにいる加藤豪将の出身校

*3:National Association of Intercollegiate Athletics

*4:California Community College Athletic Association

*5:南カリフォルニア大学NCAA Div1

*6:ハーキマー・カウンティ・コミュニティ・カレッジ、NJCAA Div3