スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年北海道日本ハムファイターズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

 

戦力分析

30-42-9 .417⑥ 248⑥-322③ .372⑥

今シーズンは得点力が大幅に低下。
有原航平が移籍したわりに
失点は増えていないものの、
この得失点差では最下位もやむなし。

 

野手

平均得点3.06⑥ RC279⑥ SLG.338⑥ OBP.312⑥ OPS.649⑥ SB39④

F野手年代表

近藤以外の主力選手の成績が急降下した
今年のファイターズ。
代わりに来日3年目の王、
高卒7年目の高濱、淺間が戦力になっているが
大田、西川、中田、渡邉のマイナス部分がはるかに大きい。
樋口や海老原、今井など
昨年二軍で打っていた
中堅・若手の調子が良くないのも気がかりで、
二軍卒業まであと一歩の成績を残している
1年目の今川も来年まで様子見したくなってくる。
主にファーストに入っている高濱
しばらくサードに空きがなかったうえに、
彼の好調年と中田の不調年が重なったのは
今シーズンが初めてだ。

投手

ERA3.61④ WHIP1.28④ FIP3.39③ K/BB:2.35③ K-BB:11.4%④

FSP年代表


FRP年代表

有原が抜けたマイナスは
ルーキーの伊藤に移籍してきた池田、
長いイニングを消化できるようになっている加藤で
何とか補っている。
打たれているバーヘイゲンがローテにいるのは
二軍でも好投できている先発が少なすぎるため
5番手に入れる選手もそろわないからだろう。
リリーフを含めても
二軍で本当に好投しているのは
一軍ですでに何試合も投げているが
打たれるか四球を連発している選手ばかり。
他の若手の伸び悩みが
非常に深刻な状況である。
今のところ二軍の収穫は
高卒1年目にしては上々な内容の根本と
3年目で少し内容が良くなってきた生田目か。

 

補強ポイント

過去のドラフト傾向

F1巡

2013年からは
7年連続で一番人気に特攻。
運は平均レベルだが
全く当たらないチームよりは充分確率が高い。
ただしどういうわけか
高校生投手の抽選だけは全く当たらない。

F2・3巡


F指名数

2014年までに比べて高校生野手の上位指名は減ったものの
高卒野手の指名自体は相変わらず多い。
今年の打線不調の原因を
2015年以降あるいは
ここ2年間の大卒指名増加に求める人も少なくないが、
「10年後の未来を見据えたドラフト」を主張する人で
ファイターズが不調の今
10年前のドラフトを検証する人は一人もいない。
昨年高校生・大学生以外の投手指名がなかったのは
高校生3人、大学生4人を指名した
2006年以来14年ぶりだった。

若手の成長・抜擢よりも深刻な問題

野手陣の最大の問題点は
若手よりも
29~32歳の主力組が絶不調に陥ったことだ。
「20代後半の主力を干してでも20歳前後の若手を使え」
と日ごろ主張している人にとっては
当たり前の光景に見えるのかもしれないが、
この年齢での成績急降下続出は
はっきり言って異常事態。
高濱や大田などのように24~27歳で開花した選手が
最大5年しか持たないとなると、
野手は大卒や社会人でも
ある程度時間をかけた育成をしたいのに
育成の長期計画が立てられなくなる。
二軍での育成を前倒しして早くに一軍で使っても
清水や中島、清宮のように停滞し続けることや
淺間、野村のように故障続きになることのほうが
はるかに確率は高いので、
結局は打線の低迷を誘発してしまう。

新球場へ移転する2023年に対しては、
野手はよほどの即戦力が獲れないと
今年のドラフトではもう間に合わない。
指名自体を敬遠するチームが多い社会人で
そんな逸材を下位指名できればおいしいが
基本は3~7年後以降を想定した指名になるだろう。
ある程度パワーのある
サードかセカンドおよびセンターかライトを狙いたい。
逆に投手は来年・再来年の先発を想定した指名をしたい。
巷の評論家が即戦力と評価するような選手でも
今までチームが主力に育てられていない選手は
なるべく敬遠すべきだし、
堀のように早くに使えそうな選手は
高卒であっても獲りに行くべき*1だろう。

*1:ただし特に高卒の場合、1年目はできるだけ一軍では使わないようにしたい