スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年中日ドラゴンズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

 

戦力分析

32-42-12 .432④ 249⑥-293① .419⑥

昨年は60勝55敗と勝ち越したものの
得失点のバランスは悪く
ピタゴラス勝率はリーグ5位の.435。
外国人選手などでの底上げがうまくいかなかった以上、
この順位と勝率は当然の結果と言える。

 

野手

平均得点2.90⑥ RC273⑥ SLG.345⑥ OBP.293⑥ OPS.638⑥ SB41⑤

DF年代表

ビシエドと木下拓、大島以外の主力がかなりの不調で
A・マルティネス、石川昂など故障者も多い。
「じゃあ二軍の若手を使え」と言われても
一見好調そうな若手は
二軍平均を少し上回る程度の選手ばかりで
伊藤と溝脇以外突出した選手がいない。
そこにプラスして
三振率が高いか
二軍の投手を相手に四球を選べない選手が多い。
特に多少長打力が期待される選手は
三振率が異様に高く、
しっかり振っているからで済むレベルに至っていないのだ。
要は
以前あげた2人より一段階、二段階下の
今一軍で使い続けても
若手を見たいだけか監督を叩きたいだけの
ファンの留飲が下がるのみで
肝心の若手の成長はかえって止めてしまう危険性が高い
ということである。
もちろん後半戦になって劇的に改善された若手を
一軍スタメンに置くのはありなんだが。

投手

ERA3.31① WHIP1.21① FIP3.17① K/BB:3.01① K-BB:13.1%②
DSP年代表

DRP年代表

どうしても得点力が低く
投手陣もちょっとした失点が命取りになるため
打たれている印象が強いかもしれないが、
一軍で使われ続けている選手に限って言えば
そこまで悪い状態ではないようだ。
さすがに大野雄は昨年より調子が悪いものの
小笠原が復活したのが大きい。
一方、
二軍で好投している先発3人は
一軍だといまいちで
しばらくは状態を見ながら
そのつど6人目を選んでいくしかないだろう。
若手では
ルーキーの森がそれなり。
石川翔は四球が多く
清水は三振率が低い。

補強ポイント

過去のドラフト傾向

D1巡

1位は高校生を獲りに行くことが多く、
結果的に社会人の鈴木博志を指名した
2016~17年より前の統一ドラフトで
2年連続大学生・社会人1位指名は
逆指名を行使した1997~98年まで
さかのぼらなければならない。

D2・3巡

落合、高木両監督の時代は
2位で高校生を指名し続けているが
落合氏のGM就任後は
彼が退任し高校生主体指名になってからも
大学生が多い。
地元の愛知、
準地元の東海・北陸に関係する上位候補がいると
積極的に獲りに行くのも大きな特徴。
また3位までをワンセットで見ると
投手:野手を
2:1の割合で指名しようとするようだ。

D指名数

落合GM時代の
社会人偏重指名ばかりがやり玉にあがるが、
全体で見るとむしろ
手綱を締める存在がいない時期の高校生偏重、
中でも
13年間の支配下では全チーム最多となる
高校生投手の指名が際立っている。
過去には
星野監督が退任した2001年以降に
高校生野手の指名が激増したことも。

野手が欲しくても獲りづらい理由

チーム内の細かい事情までは把握していないのだが、
それを抜きにして考えても
戦力外にできる野手が少ない。
打線の状態からも
社会人路線からすぐ高校生路線に移行したことで
その中間層がスカスカになっている年齢層からも
ドラフトで欲しい野手は即戦力。
しかし一つ選択を誤ると
5年先に期待したい発展途上の若手たちと
実力的にあまり差のない選手ばかりが増える危険もあり、
その見極めが非常に難しい。
なので打線は低調続きだが
ドラフト指名はあまりしないのも選択肢の一つになる。
高校生は
育成にまだ余裕があるキャッチャーなら悪くない。
また
今の主力を何人か戦力外にしてでも
徹底的に高校生が欲しい場合は
石垣、根尾、石川昂、岡林、土田らを
すぐにある程度一軍で使うしかない。
大半のバッティングはよくて堂上か京田、
そのうち1人が高橋周、平田レベルまで育てば御の字。
そんな将来でよければどうぞ、と言ったところだ。

投手は高校生獲得を少し控えたほうがいいと思われる。
バンテリンドームの影響で結果を残しやすいのか
高卒投手の起用はかなり早い反面、
伊藤準、若松駿太、濱田達、西川など
少し期待を持たせたと思うと
すぐに不調や故障でつぶれていった選手が多すぎるのだ。
小笠原の復活は僥倖とみるべきだろう。
清水、山本もいささか危なっかしい。
現有の若手育成と
戦力の純粋な底上げを可能にするには
徹底した即戦力の獲得が不可欠だ。