スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年広島東洋カープ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

 

戦力分析

30-42-10 .417⑤ 298⑤-349⑤ .422④

得失点ともに内容は悪く
この成績は順当。
采配でどうにかなるチーム状態ではないように見える。

 

野手

平均得点3.63⑤ RC331⑤ SLG.370⑤ OBP.320② OPS.690⑤ SB41④

C野手年代表

打率は高い野手陣だが
HRがリーグ5位、二塁打がリーグワーストと
長打が極めて少ない今年のカープ
得点力が大幅に下がるのは当然の結果である。
しかし佐々岡監督やコーチ陣への批判によって、
長打力がなくとも打率さえあれば
盗塁、エンドラン等の小技采配と走力を使って
いくらでも得点がとれる
と思っている野球ファンが非常に多いことが発覚した。
それまでの主力の大半が不調に陥り
小園、林らが
いずれも高打率を残してスタメンをほぼ奪取している。
羽月をあまり起用しないのは
将来的にはセカンドで定着させたいので
ほぼセンターにコンバートしたような起用をしたくない
という思惑が働いているからかもしれない。
これは昨年の坂倉や今年の中村奨にも当てはまる。

投手

ERA3.87⑤ WHIP1.35⑤ FIP3.91⑤ K/BB:2.05⑥ K-BB:9.6%⑥

CSP年代表


CRP年代表

リーグ三連覇のころから
すでに悪化の様子が見えていた投手陣は
今年も良くなる様子が見えない。
二軍で調整中の選手には
実績のある中堅・若手も少なくないのだが
大半の選手の調子は悪く
一軍ではなかなか使いようがない。
栗林、森浦、大道のルーキー3人を
開幕から使い続けないといけないのは
90年代後半以降の暗黒期を想像させてしまう。
他の若手では
玉村が目立っているが
来年以降アドゥワや遠藤のような状態にならないかどうか
やや心配である。

 

補強ポイント

過去のドラフト傾向

C1巡

競合には無理に特攻せず、
他チームの動向や
地元枠との兼ね合いなども見ながら
判断する傾向が強い。
逆指名時代からのイメージと違い
高校生の入札は多くない。

C2・3巡


C指名数

上位では
本当に即戦力候補かは別にして
大学生・社会人にやや比重が置かれ、
下位になればなるほど
高校生の比重が高くなる。
2010、13、16、20年には投手偏重、
2012、18年には野手偏重と
時々極端な指名をしてくるのも特徴だ。
ただし2年連続投手ばかりということはない。

「育成がうまい」幻影

選手数、直近の世代交代の両方で
ポイントにあげられるのが外野手。
海外FA権がもうすぐの鈴木誠の存在もあるので
2、3年以内に育てられる即戦力の外野手は
喉から手が出るほど欲しいのだが
そこまでの候補がいるかどうか。
高橋大、永井の動向次第では
さらに高校生を獲る枠も生まれるかもしれない。
補強ポイントというより
外部の人たちが獲得を主張する可能性があるのは
「林、小園、羽月が育った」内野手の次々世代候補。
2018年並の大量指名がかなり強硬に推されると思われる。
しかし
一部のカープファンや若手至上主義の評論家の望み通りに
田中、安部まで戦力外にしてしまうと
林、小園のどちらかに何かが起こった時点で
全てが終わる。
しかしさらに次の世代を育成するために
大量指名するにはそうしないと内野手の枠がない。
逆に一軍の補強ポイントで考えるなら
バッティングの良い大学生か社会人のショート。
もちろんそこまでの候補がいればという条件付きだが。
もう一つ難しいのがキャッチャー。
石原に中村奨まで一軍に置くと
二軍の若手が持丸しかいなくなるため
ここでもう一人ぐらい若手が欲しくなる。
中村奨を
どのポジションで育成するかにもかかってくるだろうか。

先ほども書いたように
投手陣は90年代、2000年代の暗黒期がかなり再現されている。
高卒なら中村祐、アドゥワ、遠藤、藤井、田中法、
大卒でも中村恭、薮田、岡田、ケムナと
「期待の若手」はよく出てくるものの
そこから先がかなり伸び悩んだり、
すぐに一軍で活躍できても
その活躍期間が短い。
高橋昂、高橋樹、塹江、島内なども含め
まだ若い選手は
合計であと数年活躍機会があるかもしれないが
中田などのように数年おきに活躍するようでは
毎年の戦力が読めない状況が続く。
昨年に引き続き多くの即戦力が必要なのは
言うまでもない。
それと同時に
先発で本当に大成した高卒投手が
前田健太を最後にいない*1
事実、
大卒でも先発で大成しているのが
1、2年目にはローテで活躍している選手ばかり
という事実を
もっと深刻に受け止める必要があるようだ。

*1:前田の前が大竹寛、その前は紀藤真琴までさかのぼらないといけない