スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年東京ヤクルトスワローズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

 

戦力分析

42-32-9 .568③ 366①-335④ .544③

今シーズンは得点力が例年並に戻る一方で
5年連続リーグワーストだった失点が多少改善。
ピタゴラス勝率が5割を超えたのも
リーグ優勝して以来6年ぶりである。

 

野手

平均得点4.41① RC380① SLG.406② OBP.334① OPS.740① SB51②

SF年代表

得点は
前半戦猛威をふるった阪神
なんやかんやで安定して打力の高い巨人を上回っている。
今のところ故障なく出続けている塩見に
オスナ、サンタナの新外国人が定着し
中村も好調。
打率が低いとされる山田、村上も
非常に高い長打力を見せている。
新戦力では
元山が今のところ前評判に違わぬ働きをしており、
高卒1年目の内山壮も
長打力と選球眼でアピールしている。
もっとも一軍キャッチャーの負担は
この打力の優位を容赦なくかき消してくるので
一軍での活躍はかなり先のことになるとは思うが。
一方でいささか不安なのが他の若手の長打力。
期待される中山はなかなか二軍で殻を破れず、
濱田は前半戦あまり試合に出ていなかった。

投手

ERA3.81④ WHIP1.31④ FIP3.83④ K/BB:2.99② K-BB:14.1%①

SSP年代表


SRP年代表

今年のスワローズは
三振率が大幅に上昇したためか
守備力が向上したためかはわからないが
被安打数が例年よりも減った。
先発陣は
トレードで加入した田口に
金久保、奥川と新戦力が機能している。
リリーフ陣は
クローザーだった石山が不調で
若手もさほど調子は良くないものの
その時々でうまく入れ替えながら
使える選手を総動員し勝ちを拾っているようだ。

補強ポイント

過去のドラフト傾向

S1巡

1位は
基本的に競合へ特攻するものの
ここ13年はくじ運がかなり悪い。
二番人気の選手を狙いに行くのは
抽選運が非常によかった
1980年代にもしばしば見られた手法だが
2球団競合でも合計2勝5敗なので
やはり運は非常に悪いと言える。
ホームである神宮球場の大学生より
高校生の優先順位が圧倒的に高い。

S2・3巡


S指名数

3位指名までは投手の比重が高く
3人以上連続で投手を獲ることも何度かあるが
全体だとそこまで投手偏重ではない。
野手は下位指名でも
うまく逸材を獲得し育てられる
自信の表れとも言えるかもしれない。

「再生工場」はドラフトと別物なのか

現在の二軍で少し気になるのがセンター。
昨年獲得した並木が
38試合でこの打席数なので
半分ベンチ要員となっているように見える。
しかも今のところ二軍ではこの打撃成績。
今後スタメン起用が増えればどうなるかわからないが
彼のバッティングに不安があるようだと
今年ももう一人
将来のセンター候補が必要になるだろう。
他に獲得するとすればサード。
二遊間は
準一軍要員がそこそこそろい
二軍には2年目の武岡、長岡がいるため
今年はまだ獲得する余地はない。
一軍での村上のバックアップも
実際に入ることが多い奥村など
この二遊間のメンバーがいる。
そうなると
二軍のサードが空いている状況なので
ここを埋める指名が考えられる。
年齢バランス的には
キャッチャーも指名候補になるが
松井か内山太の支配下登録で済むと考えれば必要ないし、
獲るにしても
30歳前後の選手たちの後継を確保するなら大学生か社会人、
後継は古賀と内山壮でとりあえず充分とするなら高校生も可と
どの選択肢もありとなっている。

投手の不安材料は
金久保、奥川、高橋がそれなりに出てきている一方で、
昨年リリーフ経験を積んだ
長谷川、寺島を再び先発に戻したものの
彼らの成績がしっくりこない点。
投手育成に関しては
軌道に乗っているとはまだまだ言えないように思える。
また上位指名の大卒、社会人投手を見ても
即戦力としてはかなり中途半端な選手*1が多く
1位抽選を外した後の候補の人選にも
問題を抱えている印象が強い。
例年通りだと
今年の1位入札は高校生投手、
抽選を外しても最低1人は高校生投手を獲るのだろうが、
それ以外はしっかり即戦力になる投手を獲っていかないと
奥川や金久保などの高卒勢も
発展途上の大卒勢も
登板過多で次々つぶしていくことにつながりかねない。
自由契約選手などもかなり駆使しているが
そのノウハウを
もう少しドラフトにも応用する必要に迫られている。

*1:上茶谷大河や鈴木昭汰の抽選を外しているので「縁もない」という見方もできる