スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年東北楽天ゴールデンイーグルス ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①22歳前後の中長距離外野手
②次々世代の内野手
③「上位じゃないと獲れない投手」か「投手は下位でも充分間に合う」か

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

E10年成績

2013年の日本一の後は
主力の流出もあって低迷。
常時上位争いに食い込めるようになったのは
大型補強を行い始めた2019年以降である。

 

過去10年のドラフト傾向

E10年1巡

1位入札は
地元の東北枠が2人いることを加味しても
高校生が極端に多い。
ただ2015年以降は
高校生の抽選が当たらなくなってしまい
現在は外れ1位も含めて5連敗中。
結果的に
大学生と社会人の1位獲得が増えているが、
チームが勝ちきれない理由として
ドラフト評論では
大型補強などとともに批判の種にされやすい項目だ。

E10年2・3巡

2015年から野手の上位指名が増えており
石井GM就任後は
その流れがさらに加速している。

E10年指名人数

一時期多かった高卒投手の指名が
近年は大幅に減少。
2019年以降は大卒・社会人の野手も
ほぼ上位指名限定となり
大学生投手と高校生野手の指名が多い。

E10年主な戦力

高卒野手は
この前の時期も銀次、枡田慎太郎ぐらいしか育成できておらず、
投手も先発で育ったと言えるのは
辛島航が最後。
チームが重視してきたはずのWARとは
真逆の傾向になっている。
大卒と社会人も
非常に早くから戦力になっている即戦力選手以外は
微妙なラインだ。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

まだプロ野球開幕前後なので
シーズン中盤以降とは少し考え方が異なる。
基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

若手・中堅の成長や主力の不調・衰えなどは
シーズンが始まってしばらく経たないとわからないので、
基本的には全員が
平均的に成長し平均的に衰えると想定したうえで
考えていくしかない。
夏の大会までの成長具合が中心になる高校生はともかく、
大学生と社会人は
プロ野球がまだシーズン序盤の5月の時点で
公式戦の半分を消化してしまうため、
補強ポイントに合わせたドラフト候補の整理を
ある程度は進めておかなければならない。
そしてシーズンが中盤・終盤にさしかかれば
ベテランの衰えかたや
若手・中堅の具体的な成長速度、ポジション適性なども見えてくる。
それらの経過によって
補強ポイントの誤差を調整していけばいいのだ。

 

補強ポイント

EF簡易年代表

昨年の野手の補強ポイントは
①外野のスラッガー
②次々世代の後継野手集め。
②に関しては上位指名で外野2人と捕手1人を獲得。
既に一軍で使われている安田は①も兼ねているものの
外野手ではない。
あとは長打力が売りの吉野が
島内、西川の衰えが目立つまでに
総合的な打力で彼らを超えられるかにかかってくるのだが、
これまでの楽天
若手・中堅の高卒スラッガー候補を
何度か一軍固定して使おうとしては
全て失敗してきた。
外野は人数が多く
今までの大卒スラッガー候補も
うまくいったのは茂木ぐらいだけれども、
保険の意味も兼ねて
22歳前後の中長距離打者の外野は欲しい。
②で現状かなり人が不足しているのは三遊間。
一軍に茂木と山崎、小深田がいるうちに
若手の育成をさらに本格化させたい。
こちらは高校生で問題ない。
キャッチャーは
江川を支配下登録するかどうかで変わる。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような戦術は以前にもましてとりづらい。
一軍で使える投手を増やしていくことが
どのチームでも最重要課題になる。

 

補強ポイント

EP簡易年代表

一軍でかなり不足しているのは
左のリリーフ。
渡邊、鈴木翔が伸び悩んでいて
他の左腕は先発要員なので
配置転換をしない限りは
今の状態が続くことになる。
しかし足りないという点では
主力に30代が増えている
右の先発、リリーフも同じこと。
ルーキーでは今のところ
松井が先発、西垣と吉川がリリーフのようだが、
彼らが一軍、二軍でどの程度の結果を出すか。
高田と藤井は2年目にどう成長するか。
この選手たちで余裕があると判断すれば
今年のドラフトも投手は下位で獲り、
上位は野手重視になるかもしれない。