スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

日本ハムの野手が「弱体化した理由」を探ろう

スポンサーリンク

今回は
前回検証した日本ハム弱体化の原因と
そもそもの日本ハムの育成戦略について
傍から見てわかる範囲で考察していこう。

 

2015年から変化した本当のドラフト戦略

前回は
日本ハム『弱体化』は2015年以降のドラフトのせい」
という某ドラフト評論家の説を検証した。
あの「高校生を全然獲らない」説は誤りなのだが、
2015年以降のファイターズのドラフトで
変化した点自体は存在している。

F野手指名ポジション

獲得する選手のポジションだ。
上に挙げた2008~14年はほとんどの選手がセンターライン。
それもショートが非常に多い。
対して2015年以降はセンターライン以外の選手が増えている。

F野手1年目起用ポジション

そしてプロ入り直後のポジションはこう。
CFはセンターを含めた外野全般、
SSはショートを含めた内外野全般を指す。
投手兼任だった岡と岸里はセンターで
高校3年ではライトだが元々内野だった西川はDHとセカンド、
一軍でもしばらくセカンドに入っていた。
センターラインを予定しなかったのは宇佐美と
すぐにサードで育成された高濱*1しかいなかったのだ。
それが2015年以降は
センターライン以外が増えただけじゃなく
入団後もセンターラインを想定していない選手が増えている。
清宮の抽選を引き当てたため
2年連続で高校生のファーストを指名もした。

実際のところは
2008~14年がむしろ変則的と言える。
2007年以前は
札幌移転後の2004年以降だけでも
市川卓鵜久森淳志金子洋平中田翔
センターライン以外の選手をそこそこ獲得していたからだ。

F06-10主力元ポジション

こうなった理由の一つは
2000年代後半の主力を見るとわかる。
外野やサードも
大半がショート出身者で構成されていた。
坪井は
社会人時代の外野のポジションが今正確にわからないので仮。
長打力の高い選手も
だいたいセンターライン中心で、
2008年以降の指名でも
長打力の高いセンターラインを何人か獲得している。

ただそれでも彼らの成長にかなり不安を覚えたのが
センターライン以外の選手を獲得するようになった理由だろう。
これらはほぼ長打力に定評のある選手で固められている。
また2021年の開幕直後は長打力でかなり苦戦したため
フロントがずっと抱き続けてきた不安も的中する形となった。

 

なぜ「若手を使わなくなった」か

最近のファイターズでしばしば見かけるのは
「若手を使わない」栗山監督への「聖域」批判である。
また日本ハムはフロント主導のチーム運営でも有名なため、
吉村GMに矛先が向くことも多い。
しかしちょっと待ってほしい。
もともとファイターズは
「若手の抜擢」で絶賛されてきたチームではなかったのか。
そのチームが「若手を使わない」のは
近年のファイターズを批判する人がよく言う
「感情、人気のための贔屓」のせいなのは
本当だろうか。

もっと客観的で最も単純な理由がある。
抜擢されるだけの実力をまだ身につけていなかったからだ。

「高卒1年目200打席」の後

ファイターズといえば
「高卒1年目の野手に最低200打席を与える」
ことでもよく知られている。

F高卒1年目04-11

2004~11年に獲得した
高卒野手の1年目はこうなっている。
200打席に到達しなかったのは13人中わずか3人。

F高卒1年目12-19

2012年以降は
200打席以上の比率がさらに上がり、
わずか7打席足りなかった姫野以外全員が200打席に達した。
なお上野は2020年の公式戦が大幅に減ったため
基準を二軍試合数の比率に合わせた160打席としている。
その一方で1年目からイースタン平均を超える選手の数は
あまり差がない。

しかしここで見たいのは1年目よりも2年目だ。

F高卒2年目04-11

2011年までの指名選手の成長がすごいことになっている。
13人中6人が平均超え。
しかも6人全員がOPS.800以上かつ平均より.050以上高い。

F高卒二年目12-19

それに対し
2012年以降の指名選手
1年目より成績が向上した選手こそ多いものの、
二軍平均を上回ったのは
すでに一軍で活躍していた大谷、
二軍ではわずか31打席の清宮を入れても19人中5人。
しかも1年目から好成績だった選手しかおらず、
万波の成績が落ちたぶん
数は1年目より減少する結果になっていた。

若手起用の前提条件

ここまででだいたい想像ついたかもしれないが、
ファイターズの若手起用には基本原則がある。
まずは栗山監督になってから
日本一になった2016年までに起用された
高卒の若手の成績を見てみよう。

F若手起用2012-16

控えの守備・代走要員として一軍に起用された中島以外、
全てかなりの好成績を残して一軍へ抜擢されたのがわかる。
OPSだけじゃなく他の数字も悪くない。
しかもこの傾向が栗山監督の前、
梨田、ヒルマン両監督の時代から変わってないことは
先ほどの高卒2年目での二軍成績から
容易に想像できるだろう。

では2017年以降はどうか。
それまで若手抜擢が絶賛されていたファイターズに対し
「若手を使わない」栗山監督やフロントへ
批判が急激に増えていくのはこの頃からだ。

F若手起用2017-20

やはりほぼ全員の二軍成績がイースタン平均を上回っている。
「打撃がいい」と
守備はいいがバッティングがいまいち成長しない中島に代えての抜擢を
2017年から声高に叫ばれていた平沼も
4年目の2019年に
成績が初めて二軍平均を上回り、
その後に一軍起用が増えていった。
二軍でそれなりの打撃成績を残してから
ある程度一軍で起用する原則は全く変わっていない。
それどころか二軍成績の部分に限っては
一軍抜擢の基準はむしろ緩和されたとすら言っていい。
2016年以前は
二軍で圧倒的な成績を残した選手が抜擢されていたのが
少しでも二軍平均を上回れば使われるようになり、
昨年にいたっては
スタッツでは条件を満たしていなかった野村が
早くも開幕スタメンサードに抜擢されたのだ。

F若手起用大卒

大卒選手の起用も
中島の打撃に不安のあったショートでの石井起用以外は
同じぐらいの基準になっている。
石井も2年目に二軍平均はクリアしていた。

F若手起用批判一覧

ここ2年ぐらいで
「早く使え」と叩かれていたか、
あるいは二軍で好成績を残している選手のスタッツはこちら。
目立つのは1年目からまずまずの結果を残していた高濱
打撃成績は3年目まで順調だったのだが、
サード専任で育成されたため
ちょうど席が空いているか
主力の打撃がいまいちだった他のポジションと違って
レアードの厚い壁に阻まれてしまう。
さらに2018年と19年は成績が大幅に落ち込んだので
18年オフのレアード移籍でもチャンスをつかめなかった。
あとの選手はOPSは悪くないが
他がいまいち。
また万波以外はポジションや身体能力などの汎用性が乏しく、
その点でもちょっと使いづらい位置づけになってしまう。
今井があまり騒がれないのは
代わりに外されるのが野村か中田になり
去年の時点ではさすがに無理があったのも一因*2だろうか。

 

「わかりきっている」が誰もわかっていない

システムの機能不全仮説

以前と違って若手が伸び悩むということは
これまでファイターズのスカウティング・育成を支えてきた
BOSシステムが機能不全を起こしている
と考えられる。
ただシステムの何が機能不全に陥っているかはわからない。

私の認識に間違いがなければ
BOSシステムは
スカウトなど人の主観に基づく部分も大きい。
その一方で
現在はトラックマンなどの導入により
NPBのチームでもより客観的で膨大なデータが手に入る。
このデータの更新がしていない、
または更新が中途半端
なのだろうか。
それとも
更新はすでに終わっているのだが
選手や首脳陣へ伝わっていない、
あるいは彼らがこのデータを活用できていない
のだろうか。
活用するのはあくまで人間だから
活用する人にとっては理解が追い付かないこともありうるし、
場合によっては
客観的なデータよりも
スカウトやコーチなどの主観のほうが
たとえ正確さでは下回っていても選手が有効活用しやすい
ということもあるかもしれない。
それとも
データの更新も活用もしっかりできて
選手も成長してはいるが、
他のチームも同様のシステムを導入しているために
それまで持たれていた日本ハムの優位性が失われ、
相対的に選手の成長が遅れているように見えるだけなのか。
これは
マネー・ボール』刊行後のアスレチックスなど
MLBでよく見かけるパターンだ。

「弱体化」原因のもう一つの仮説

もう一つ考えてみよう。
高卒2年目野手の打撃成績が
二軍平均を上回る確率は
かなり良い年でもせいぜい25%
調べられた限りでは30%を超える年はなく
悪い年なら10%程度にとどまるものだ。
それもほとんどは平均を少し超える程度で
.050以上高い選手が3人も4人も出ることはない。
2012年以降の指名選手でも確率としては充分高かったが
2004~11年は異常な高さだったのである。

ならこうも考えられないだろうか。
ファイターズの育成力が弱くなったのではなく
これまでの運が良すぎただけではないのか?
もちろんこれまでのシステム構築や
スカウティングと育成力の大幅な向上、
これらは紛れもない事実
で否定はしない。
ただこれらの結果としても
ドラフトでは2011年、
育成結果だと2014年までは出来すぎで、
良くても「弱体化した」今ぐらいが本来の確率
なんじゃなかろうか。

「育成上手」の「功罪」

読んだ方々がどう考えているかわからないし
こういう考察においては一番嫌われる考え方かもしれないが、
私の中でしっくりきたのは後のほうの二つ。
つまり「相対性」と「運」だ。
そしてこの想定だともう一つ腑に落ちるのが
2015年以降のドラフト戦略の変化。
ポジションの汎用性を下げながら長打力重視の指名を増やしたのも
大学生野手の指名を少しだけ増やしたのも、
それまでの結果が
相対性と運の良さに依存していた部分も大きく
この優位が失われつつあったことを
すでに自覚していたからではないだろうか。

現在の日本ハムには
「高卒を獲って使えば育つのに全然獲らなくなったからだ」
「『高卒を使えば育つ』と思って高卒しか獲らないからだ」
「監督・フロントのお気に入りばかりで若手*3」を使わないからだ」
などの批判が混在している。
最初の二つは相反した内容だが、
最後のほぼ全員に共通するものになっている。
これは
ファイターズの野手育成、ドラフト戦略が
「FAにも即戦力にも目がくらむことなくただ高校生を獲り、
打席数を与えた後一軍でもすぐに使って育てた」

と巷で広まり、
さらにこの内容が各自の思想や嗜好に合わせて
日本ハムの育成が上手いのは自分の思想通りのチーム作りをしたから」
と解釈されたため
に起こったこと。
どの批判も要は
「俺様の言う通りのドラフト、育成、起用をしなくなったからだめなんだ」
というわけだ。

このような育成批判のされかたは
「育成上手」とされたチーム、
最近だとカープやホークス、ライオンズ野手などに対しても
しばしば見られる。
「俺様の言う通りにしないから弱い」
と叩かれるのは他のチームも同じだが、
「育成上手」なチームの場合は
それまでと同じ育成・起用法であっても
「前とは大きく変わってしまった。成功してた頃を思い出せ」
という批判も多くなる。

 

日本ハムドラフトの基本戦略

これまでの起用法を総合すると
ファイターズのドラフト野手指名の根底にあったのは
極度の「即戦力志向」である。
というか
FA選手を獲得しないことを標榜したうえに
金満チームと違って
FA権を取得した選手を引き留める資金にも乏しく
海外FA権を取る前のポスティングで
win-winの関係を作ることも想定したこの戦略では、
時間をかけたいはずの高卒野手でも
即戦力を取り続けなければ
チームが持たないのだ。
その最たる例は大谷の指名。
成長して主力となった暁には
長くとも5、6年の貢献でMLBへ移籍することを前提としたものだった。

ただ彼らが実際に運用してみてわかったのは
いくら即戦力を獲るといっても
高卒に加えて時々獲得する大卒・社会人に外国人選手、
すべての面で驚異的な成功確率がないと
この手法を長く続けるのは無理
ということ。
選手の獲得・育成のレベルが
平均よりやや上程度でも厳しくなるのは
若手起用の基準にあらわれている。
しかもファイターズの場合、
2014年の渡邉諒あたりから
1年目によかった選手や
一軍に少し出始めた即戦力候補のほとんどが
軒並み故障でつまづき、伸び悩むようになった。
さらに外国人野手も
レアード以外厳しい状態が8年続いている。
現在のファイターズの弱体化は
このような形で説明することができる。

ここ2、3年のファイターズの野手指名は
目の前の補強ではなく
明らかに2023年に照準を合わせている。
2023年は
2014~16年に獲得した高卒と
2019・20年に獲得した大卒が25~27歳になり
徐々に全盛期に差し掛かってくる時期。
そこに
まだ30歳前後で通常ならあと数年全盛期が続くはずの現主力を加え、
最近獲得した高卒選手もからめばなおよし。
こういう構えになっているのだ。
高卒選手の成長に以前ほどの速度を求めるのが難しいのであれば
高卒だろうと大卒だろうと社会人出身であろうと
同じぐらいの年齢までじっくり育成して
一軍主力にすることを想定する必要がある。
新球場の作りに合致するタイプの想定は
さすがにできているだろうから、
近年獲得した選手も
札幌ドームより新球場での活躍が期待されると思われる。

ただやはり
若手に故障者が続出する現状は何とかしたい。
どう検証してもチームの中に原因がなく
ただの運でしかない場合は別だが、
そうでなければせっかくの将来の主力候補も
2023年には成長が到底間に合わない可能性が出てしまうから
この点の改善は必須事項になる。
外国人野手については
ドラフト指名や故障者の影響で
通常外国人選手も想定されるポジションに
若手がそこそこそろってしまっている。
その若手を上回るか
若手が何らかの理由で伸び悩んだ際の
外国人選手を確保しておくことは当然重要だが、
最初の改善点よりは少し余裕が生まれる。

2021年4月時点でもう一つだけ気になるのは
現在の主力の耐用年数。
先ほど主力の年齢を30歳前後と書いたが
前後というように今年20代の選手が多く
最年長に近い中田でもまだ32歳なのに
不調の選手が目立っている。
全員が今どん底なだけで今後持ち直すならいいけども、
主力抜擢が早かったために
耐用年数と劣化の年齢が他の選手より早まってる可能性も
否定できないのだ。
ただの杞憂なら何の問題もないが
主力がことごとく入れ替わって
2023年ですでにほとんど残らない状態だと
総合戦力は結局劣化してしまうことになる。
この点は今後の動向を見守りたい。

*1:2017年からはセカンドも増えた

*2:4月25日現在、中田は不調に陥っているが今井も二軍で長打0と調子が上がっていない

*3:「若手」と書いて「おれさまのおきにいり」と読む