スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年広島東洋カープ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①若手の「抜擢」を阻む、単純かつ決定的な要因
②上位候補の大学生二遊間か外野手か
③即戦力となる先発投手

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

C10年成績

2012年まで10年以上Bクラスが続いたが
段階的に強くなりリーグ三連覇も達成。
しかしここ3年は
主力の流出と衰えが続き
Bクラスに沈んでいる。

 

2022年の成績

C順位2022.07.24

交流戦では
むしろよく5勝できたなというレベルの絶不調に陥ったが
セリーグとの対戦では貯金が多く
オールスターは
ちょうど勝率5割で折り返した。

 

過去10年のドラフト傾向

1位入札は
一番人気特攻と単独狙いのどちらかになっている。
くじ運は悪くないものの
外れ1位のほうでは3連敗中。
逆指名時代などによく獲りに行った
高校生投手の入札がめっきり減ったが、
最後の入札が森でその前は今村猛
今村は主力に成長したとはいえ
「まあそうもなるか」という気にはなってくる。

2位・3位では投手、
それも大学生の指名が多く
いかにも即戦力に走っているような印象を
持たせようとする人も出てくるだろうが、
4位以下と育成では
投手も半数以上が高校生。
野手は高校生が全体の半分以上を占める。

三連覇には
2013年までの指名がかなり大きな役割を果たした。
そのあとは将来性重視の年が続いたこともあり
戦力の数は多くない。
いや指名の意図を考えれば
むしろ戦力を輩出できている部類とも言える。
またこの基準だと
2018年以降の指名選手
とりあえず1年使われた選手の数が
全チームで最多となっている。
彼らが2022年以降にしっかり活躍できるかも大きな課題だ。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

この前提条件を踏まえつつ
若手・中堅の具体的な成長速度やポジション適性、
ベテランの衰えかたなども含めて
補強ポイントを見定めることになる。
また
今年のドラフト候補で
ポイントに該当し
なおかつプロを志望する選手が少ない、
他のチームとの兼ね合いで
欲しい選手を予定している順位では獲れそうにない、
などといった場合には
補強ポイントを翌年以降に持ち越すこともよくある。
一回のドラフトで
補強ポイントを全て埋めきる、
投手・捕手・内野・外野のポジションを均等に獲得する、
といったことにこだわる必要はない
のだ。

 

2022年野手陣の状況

C打撃成績2022.07.24

得点力は高いものの
打撃成績があまり良くない。
というよりは
この成績でよくこんなに点が取れてるなと思えるぐらい
今シーズンは得点効率がいい。
しばしば言われている
「バントばかりで足を使わないから効率が悪い。点が取れない」は
少なくとも今年のカープには全く当てはまっていない。

CF年代表1

CF年代表2

マクブルーム、西川、上本、坂倉など
まずまずの調子の選手は何人かいるが、
チーム全体の打線の調子はかなり低調。
一軍の主力が上の年代表に多いため、
ここまで見たほとんどの人は
「やっぱり首脳陣が若手を使わないからだ」と
言うことだろう。

C若手IF

ところが
輪をかけて調子が悪いのが若手たち。
特に昨年一軍で376打席たった林は
とんでもないレベルの絶不調に陥った。
同じく117打席の羽月もいまいち調子が上がってこないが
一軍での出番はそれなりにある。
ただし二軍での羽月は
セカンドより外野での起用がはるかに多く、
一軍も二軍の育成に合わせた起用になっている。
5月以降菊池が打撃不振に陥っているセカンドは
矢野と韮澤が中心だが、
菊地よりもこの2人をと言うには
かなり疑問符のつく二軍成績だ。
なお林を一軍で使わせたい人たちには
昨年の林の二軍成績を「今年と変わらなかった」と
異常に過小評価する人が少なくない。

C若手C,OF

昨年125打席の石原も
昨年よりは二軍でのスタッツが下がり、
昨年158打席の宇草は
一軍でもそれなりに出ていたが結果を出せず、
二軍でも序盤より調子が落ちている。
一軍でしばらく調子が悪くなかった
ルーキーの末包は
二軍に下がってからしばらくは結果が全く出せておらず、
ここ最近ようやく調子が上がってきたようだ。
単純に考えれば
絶不調に陥ったので二軍で調整していると見えるのだが
そう考えるカープファンはほとんどいないらしい。
一軍だとキャッチャー起用、
二軍では外野起用が多くなる5年目の中村奨は
二軍平均を上回っているのが3年ぶり2回目。

 

補強ポイント

カープの野手陣は
よく言えば
複数のポジションに入れる若手が多い、
悪くとらえれば
一・二軍の起用・育成方針・意思疎通が
うまくいっているような印象が薄い。
一軍定着とは言えない
若手・中堅の数自体が多く
二軍の空きもあまりない。
またカープに限ったことではないが、
若手の起用を求めるファンやメディアが
二軍での起用・育成方針を全く無視した一軍起用を
声高に主張するため、
外からでは
ポジション別の補強ポイントは
なかなか見づらいものになっている。

外野はここ3年間で
鈴木誠也MLB移籍に備えた指名を続けたので
センターとライトにも入れる選手が
20代中盤に固まっている。
そしてその下の年代がかなり空いており
ここが補強ポイント。
と、年代表ではこういう形になるけれども、
中村奨、羽月を外野枠に入れてみると
外野の年代表の穴がピンポイントで埋まる。
さてこう見た場合、
緊急性を要する補強ポイントは
一見若手があふれてそうな二遊間になる。
特に今年は
上位候補とされる選手が多い大学生二遊間を
菊池のように上位で獲りに行く可能性がある。
逆に大学生外野手で穴を埋める場合は
2人のどちらかまたは両方とも
優先順位をキャッチャー、セカンドにおいたほうが
いいように思える。
ただカープ
林より二俣の比重が高くなりつつあるサードも
将来への不安要素がかなり大きくなっていて、
この不安を払拭するために
大学生二遊間を獲ることも考えられる。
またキャッチャーは
バッティングよりも経験重視という方針が
少なくとも野村監督のころから変わってないと思われるので、
坂倉を正式にコンバートする可能性は低い。
白濱と磯村を両方切るのでなければ
支配下での指名はしないのではないか。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため
一部のドラフト評論などでも主張される

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような手法は
以前にもましてとりづらい。
それよりも

  • 最低限の出場選手登録人数にこだわることなく、一軍で起用可能な投手の絶対数を増やしていく
  • 今年台頭した若手が来年以降も活躍し続けることをあてにして、目の前の年齢(特に18歳)と将来性に特化した指名を繰り返してはいけない

これらがどのチームでも最重要課題になる。

 

2022年投手陣の状況

C投手成績2022.07.24

三振率は高いが
長打と四球もやや多い投手陣。
それでも
四球は2018年以降常にワーストか5位だったので
今年はかなり良くなったほうである。

CSP年代表

CRP年代表

今年が投高打低なこともあって、
大瀬良と森下が昨年より相対的に不安定な印象。
代わりに遠藤が成長しているのは大きい。
実績のある選手が何人か離脱しているリリーフ陣は、
とりあえず防御率はいい選手と
一軍で打たれている選手とがはっきり分かれ
チーム全体での安定感が乏しい。

 

補強ポイント

「いきのいい若手」は
毎年のように一軍ローテに出てくるのだが、
そのほとんどは
翌年怪我や不調で出られなくなり
実際の活躍は数年に一度。
ローテーションで二年続くのは
大卒の即戦力と外国人ばかりになっている。
リリーフのほうは
数年かけて育成した選手が何人かいるが
「育成の成果」に加えられる高卒勢は
塹江と高橋樹、藤井ぐらい。
ドラフト指名数が多いわりには
成果がさほど上がっておらず
何年も活躍しているとも言えない。

何とかして確保したいのは
即戦力の先発投手。
二軍でのイニング数から見るに
アドゥワと大道が
ある程度リリーフ起用を想定した育成になっているので、
先発の数が足りているとは言えないからだ。
ただ1位指名候補に絞ると
単独指名か抽選獲得が前提になり、
失敗した場合のダメージが大きい。
当時上位候補とはされていなかった
床田のような選手を
2位か3位で確保できるのが理想と思われる。
条件に当てはまるのなら
ここ15年程めったに獲りに行かなくなった
1位入札での高校生投手もありだけれども、
やはり一番人気を獲りに行くと
抽選に当たる保証もなければ育成できる可能性は高くなく
森下のような逸材も余りやすい。
難しいところである。