スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年埼玉西武ライオンズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

 

戦力分析

33-38-14 .465⑤ 321⑤-356⑥ .448⑤

リーグを連覇した頃から
失点の多さは変わっていないが
得点力が大幅に下がっている。

 

野手

平均得点3.78⑤ RC334⑤ SLG.379④ OBP.313⑤ OPS.692⑤ SB61②

LF年代表

ここ数年の主力の流出に加えて
今年は故障者も続出。
昨年不調の森が調子を取り戻し
呉念庭や愛斗、岸らの台頭もあるものの
さすがに往年の得点力の回復には足りない。
救いは
若手・中堅層に有望株が多いこと。
ルーキー以外の好調者は
昨年後半から一気に成績が上がり
今年もその状態を維持している。
外野とサードに関しては
競争が激しすぎると言っていいぐらい
有望株の頭数が多くなった。
一軍で使うといまいち結果を残せていない彼らのなかで
誰が抜け出すか。

投手

ERA4.02⑥ WHIP1.44⑥ FIP4.22⑥ K/BB:1.55⑥ K-BB:6.1%⑥

LSP年代表


LRP年代表

例年に比べて三振率は少し向上したが
四球も大幅に増加してしまった。
ただし
先発で好投している
高橋、今井、松本は
いずれも四球数などがいまいちな代わりに
被安打が少なく、
逆に奪三振率、四球数が優秀な平井は
被安打がかなり多くこの防御率だ。
このチームは他にも
スタッツを見ると奇妙な選手が多い。
二軍ではこの程度の成績なのに
一軍だと現在10試合連続無失点の水上は
その代表例と言えるだろう。

補強ポイント

過去のドラフト傾向

L1巡

単独指名が続いたこともあり、
ライオンズが最後に大競合に勝利したのは
もう11年も前になる。
外れ1位の競合は2戦2勝。
1位は徹底的に投手を狙ってくる一方で
森の単独指名や昨年の渡部など
思わぬところで野手を獲りに行くことがあるので
油断できない。

L2・3巡


L指名人数

2位も大半が投手の指名だが
指名全体を見ると
投手偏重だったのは2012年と15年だけ。
下位では野手に比重を置いた指名をしている。
それでも
現在は野手陣もいささか低迷気味なので
「野手を上位で獲らないからだ」と
鬼の首を取ったように語る人は多いだろうが、
この指名リストを見ていてわかるのは
どれだけ育成がうまいチームでも
在籍10年で次々出ていかれると育成は追いつかない

ことぐらい。
対象選手の数が少ないから
本当は断定してはいけないのだけども、
1・2位と3位野手の成功率には全く差がないのだ。

ポイントを難しくする育成の得手不得手

昨年サード候補を2人確保したため
中村、山川らの後継候補は
セカンドも兼ねている佐藤を加え3人に増えた。
こうなると若干層が薄いのは
二遊間とキャッチャー。
主力が万全だと
獲得した選手の出番が限られるので
難しいところではあるんだが。
柘植や山田、山野辺と
バッティングである程度肩を並べる逸材がいなければ
無理に獲らなくてもいい。
綱島、川野も
外野の若手と同じような速度で成長しており
3、4年後に世代交代が行われる可能性はある。
であるならこれからしばらくは
二軍の補強ポイントはあまり考えず、
各年のドラフト候補の素材優先で
二軍の枠を埋めていくことになるかもしれない。

投手のほうはとにかく戦力の数が必要。
FIPを構成するスタッツが悪いということは
毎年安定して投げられる選手が限られることを意味する。
実際、
調子の良いときに一軍で好投し
育ったとされる若手は
しばしば出てくるのだが、
その選手が2年、3年どころか
1、2ヶ月継続して好投することができていない。
しかもそういう選手には
知名度やフォーム等の影響で
ドラフト前から即戦力級の評価を受けている素材型もおり
首脳陣の「我慢」などを批判する向きも強くなりそうだが、
結局は実力がかなり不足しているために使い続けられない。
そういう選手がほとんどなので
よけいに一部の実力者に頼るはめになっている
という単純な結論に落ち着く。
ここ最近のドラフトでは
即戦力や高校生の素材といった区切りよりも
独立リーグに高卒で入団したばかりの若手、
過去に指名経験の少ない大学リーグなど
新規開拓に熱心な印象があるが、
彼らをじっくり育成する場所を確保するためにも
何とかして一軍戦力たりうる選手をかき集めたい。