スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年東京ヤクルトスワローズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①チーム全体の総合力が維持できている2022年
②緊急ではないが野手はどのポジションも欲しい
③さりげなく急務になってきた「即戦力」の先発投手

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

S10年成績

2007年以降で
ピタゴラス勝率が.500以上になったのは
優勝した2015年と21年だけ。
打線の状態が良くても
それ以上の失点を重ねる年が多く
投打のバランスがなかなかかみ合わないが、
かみ合う年は投打がとことんかみ合い
リーグ優勝と日本一を手にしてきた。

 

2022年の成績

S順位2022.07.24

交流戦前に首位に立つと
交流戦以降はさらに勢いに乗り
7月上旬には一度マジックを点灯させた。
コロナ禍のあおりをもろに受けたのもあって
その後は停滞してしまったが
大差をつけて首位を保っている。
他5チームがつぶし合いをしているのも大きいか。

 

過去10年のドラフト傾向

S10年1巡

2000年代はくじ運がかなり良かったが
2010年代はくじ運が悪くなり、
1位抽選では奥川を当てるまで9連敗。
しかし外れ1位以降になると
その運も平均レベルへ戻るうえに
山田哲人、村上など
大物を引き当て育てることにも成功している。
抽選を一度外した後は大学生が多くなるが
1位入札は高校生が多い。

S10年2・3巡

2位はほぼ大学生と社会人。
ただし一軍の弱点補強、
1位有力とされて残っていた選手、
将来を見たチームの補強ポイントなど
指名パターンは様々で、
ただ即戦力に飛びついたようには見えない。
逆に3位は高校生が多く
大卒と社会人でも将来性重視の指名が多い。

S10年指名人数

S10年主な戦力

ずっと投手不足が続いているチームゆえか
投手の指名が多い。
しかし数年活躍する投手の数が少なく、
特に即戦力の見極めと育成に
かなり苦戦している様子がうかがえる。
野手もこの10年で成功した選手の数は多くない。
優勝する年は
外国人、ベテラン、トレード、他球団出身選手らが
全てうまくはまっており、
大物の育成・輩出ができるかわりに
チーム全体の戦力をなかなか揃えられないのが
強さが安定しなかった理由という印象を受ける。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

この前提条件を踏まえつつ
若手・中堅の具体的な成長速度やポジション適性、
ベテランの衰えかたなども含めて
補強ポイントを見定めることになる。
また
今年のドラフト候補で
ポイントに該当し
なおかつプロを志望する選手が少ない、
他のチームとの兼ね合いで
欲しい選手を予定している順位では獲れそうにない、
などといった場合には
補強ポイントを翌年以降に持ち越すこともよくある。
一回のドラフトで
補強ポイントを全て埋めきる、
投手・捕手・内野・外野のポジションを均等に獲得する、
といったことにこだわる必要はない
のだ。

 

2022年野手陣の状況

S打撃成績2022.07.24

長打力が高く
アベレージも高く
出塁が多くて足も使える。
バッティングの総合力では
頭一つ抜けていると言っていいだろう。

SF年代表1

SF年代表2

圧倒的なHR数をかせいでいる村上に加えて
山田と塩見が好調。
交流戦後はコロナの中止まで
打線が大爆発していたこともあって
主力の成績がおおむね良くなっており、
特に中村と新鋭の長岡の
調子が上がっている。
目立たないが
オスナも序盤よりはかなりましな成績になってきた。

S若手C,OF

昨年からほぼ一軍にいる古賀は
一軍だと結果を残せていないが、
2020年の二軍OPSが.876。
闇雲に一軍に抜擢されているわけではない。
1年目はかなり厳しい成績だった並木は
2年目で徐々に二軍に慣れてきたようだ。
ルーキーの丸山も調子は悪くない。

S若手IF

昨年一軍レギュラーになっていた元山が
今年は絶不調に陥り、
代わりに長岡が定着している。
代役を当てづらいショートで
レギュラー候補の一人がけがや不調でも
代わりの選手が何人もいるのは今後にとっても大きい。

 

補強ポイント

単純に選手の数が少ないのは
ここ2年で大卒の並木、丸山を獲得した外野。
外野のうち2人は40歳前後で
内野、キャッチャーには
外野へコンバートするほどの打力を持つ選手も
あまりいないので、
外野手は今年も補強ポイントである。
中山の伸び悩みなどもあるため
どちらかといえば長打に比重を置きたい。
今年は大学生ではなく
高校生の可能性もある。
同じく支配下の数が少ないキャッチャーも
指名の可能性があるが
ここは出自にこだわる必要はなく
二軍で育成する要員の確保が第一。
内野は
ルーキーの小森がショートでの育成になりそうなので
高校生サードの指名が考えられる。
このように見ると
野手は緊急性を要するほどのことにはなっていないが、
捕手、内野手、外野手のどれも
補強ポイントに入ってくる。
言い換えると
よほど変な指名じゃない限りは
外の識者やファンにもチームの野手指名の意図がちゃんと見えるはず

そんなチーム構成である。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため
一部のドラフト評論などでも主張される

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような手法は
以前にもましてとりづらくなった。
それよりも

  • 最低限の出場選手登録人数にこだわることなく、一軍で起用可能な投手の絶対数を増やしていく
  • 今年台頭した若手が来年以降も活躍し続けることをあてにして、目の前の年齢(特に18歳)と将来性に特化した指名を繰り返してはいけない

これらがどのチームでも最重要課題になる。

 

2022年投手陣の状況

S投手成績2022.07.24

序盤から交流戦にかけてかなり少なかった失点が
交流戦後は1試合あたり5.10とかなり多くなっていた。
もっとも主な原因は
コロナ中止後の失点が平均6.00に激増したことと
3試合で35失点した6月のジャイアンツ3連戦にあるので、
オールスター後は
調子がいまいちだとしても
投壊よりはましな状投壊よりはましな状態に戻っているはずである。

SSP年代表

SRP年代表

先発陣は非常に突出した選手がいない代わりに
安定度がそれなりに高い。
先発要員の中で特異なのが小澤で、
二軍ではずっとリリーフ起用で支配下登録された後
一軍に上がってから先発に回った。
一方、非常に好調なのがリリーフ陣。
人数も各登板数も多いが
成績は優秀で、
登板数が突出して多い選手が少ない。
しかも
昨年とそこまでメンバーが入れ替わっておらず
今のところ
酷使の不安などを感じさせる状態にもなっていない。

 

補強ポイント

現在の投手陣を見ると
実は一軍の先発陣に
つい最近のドラフトで獲得した選手が少ない。
育成の早い成果はリリーフに集中していて、
奥川以外はかなり時間をかけた育成になっている。
さて
そんな状況の中で
現在の先発陣は数が足りていると言えるだろうか。
事実上の七番手に
リリーフ調整していたはずの小澤を入れたということは、
そのほかの二軍先発陣が
一軍枠に割って入れる状態にはなっていないと
考えられる。
何としても欲しいのは本当の意味での即戦力の先発だ。
今年のドラフトも
投手は高校・大学・社会人問わず即戦力を狙いつつ
最低1人は高校生を獲る
という手法は変えないだろうが、
今年に関しては
大学生や社会人で
素材型や故障持ちの選手を獲り
時間をかけて育成する余裕はほとんど残っていない。
ここ2年間の投手陣をうまく支えている
首脳陣によるやりくりも
一軍で最低限の力を出せる
選手の数あってこそなのである。