スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年オリックスバファローズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①編成を難しくするポジションと打力の偏り
支配下人数の少ないキャッチャーとコンバート者がいるサード
③チームが育てられる「即戦力」投手

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

Bs10年成績

ほとんどの年でBクラスのオリックスだが
2014年は最終戦まで優勝を争っての2位、
昨年はリーグ優勝と
非常に強くなる年が時折出てくる。
2015年は
ベテランも若手も
大半の選手が調子を落としてしまってのこの結果だったが
今年はチームの総合力を保つことができるか。

 

2022年の成績

Bs順位2022.07.24

昨年の主力に故障者、不調者が続出し
苦戦を強いられたが、
吉田正の復帰や
投手陣の踏ん張りもあってか
勝率5割超で前半戦を終えた。
ただ打線に関しては
若手・中堅の上積みがあまりなく、
「育成を放棄して補強に走ったことが全ての原因」とされた
2015年のようなFA・出戻り補強がなくても
若手の伸び悩みはよく起こることが
証明されている。
ただ昨年は
ドラフト指名の大半が大学生と社会人だったため、
Bクラスで終わった場合は
「去年高校生を獲らないからだ」という恒例の批判が
夕刊紙やドラフト評論家から飛び出す*1可能性もある。

 

過去10年のドラフト傾向

Bs10年1巡

田嶋の抽選を当てるまで
1位抽選を約20年、11回も外し続けたオリックス
そのあとは再び4連敗中と
どうにもくじ運がなさすぎる。
救いは
田嶋、単独指名の4人、外れ外れ指名の2人も
結果には結びついている点だ。

Bs10年2・3巡

2位と3位では野手の指名が非常に多い。
この少し前の2009年は5人全員投手、
2010年には1~3位まで野手が続いた年もあるが
それ以降は3位までに
投手と野手の両方を獲得している。

Bs10年指名人数

もともと高校生野手の指名は
巷で言われるほど少なくないチームだったが
最近はその比重がさらに上がり
支配下だとファイターズ、ホークスに次ぐ多さになった。
投手は社会人が多い。

Bs10年主な戦力

2014年の表の数字があってないのは
野手にコンバートされた佐野のぶんである。
戦力となった野手の数はかなり多いのだが
バッティングで長く結果を残している選手は少なく、
選手を入れ替えざるをえないために
戦力の数も膨れ上がっている感は否めない。
吉田正ほどまではいかなくても
もう少し安定した成績を残し続けられる選手が
増えればいいのだが。
投手のほうも
安定感のあるリリーフが少ない印象である。
故障者が多いのも一因だろう。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

この前提条件を踏まえつつ
若手・中堅の具体的な成長速度やポジション適性、
ベテランの衰えかたなども含めて
補強ポイントを見定めることになる。
また
今年のドラフト候補で
ポイントに該当し
なおかつプロを志望する選手が少ない、
他のチームとの兼ね合いで
欲しい選手を予定している順位では獲れそうにない、
などといった場合には
補強ポイントを翌年以降に持ち越すこともよくある。
一回のドラフトで
補強ポイントを全て埋めきる、
投手・捕手・内野・外野のポジションを均等に獲得する、
といったことにこだわる必要はない
のだ。

 

2022年野手陣の状況

Bs打撃成績2022.07.24

昨年リーグ平均を超えていた打線も
今年は平均得点がリーグ最下位。
他のチームと比べると
打撃成績に対して
得点がいささか低く、
あと一本が出ないだけともとれる。

BsF年代表1

BsF年代表2

序盤は杉本と紅林がかなりの不調。
出場機会がそれなりにあって
昨年よりも良いと言えるのは
安達、若月、中川、マッカーシー*2ぐらいで、
ほぼ毎試合出ている選手は
去年より成績を落としている。
このような展開になると

  • 2年目の紅林がチーム内のショート一番手になっている
  • 二軍選手の成績が非常に悪い

などの形で昨年から顕在化していた
野手の層の薄さが
重くのしかかってくる。

Bs若手IF

それでも紅林は
昨年一軍にいるあいだにかなり成長していたことが
今年二軍に下がった際のスタッツからもうかがえる。
1年目の二軍成績は二軍でOPS.600に満たなかったのだ。
なかなか一軍で結果を出せない太田も
不調だった昨年よりは調子を取り戻しつつある。
大下は
競争相手がわずか一学年上の宗なので
打撃でかなり上回らないと
どうしても後塵を拝することになる。

Bs若手C,OF

キャッチャーと外野は
チームの懸念材料がさらに顕著に表れている。
ルーキーの福永、渡部も
一軍戦力に達するにはまだ遠いのだが、
他の若手と比べてしまうと悪いとは言えない成績。
今のところ高卒勢との年齢差が
そのまま成績に反映された形となっている。
かなり奮闘している高卒ルーキーの池田も
外部から即戦力と期待されていた来田の今シーズンを見れば
そう簡単にいくものではないことがわかるだろう。

 

補強ポイント

チーム、バファローズファンともに
何としても欲しいと願っているのは
センターラインの強打者候補だろう。
バッティングの成長する強打者が
両翼とファースト、DHに固まってしまうので
日本人選手・外国人選手を合わせた
ポジションかぶりが多発しているのだ。
センターラインのどれか一つでも
主力打者として成長すれば
チーム全体の大幅な打力向上につながるのだが、
強打のセンターライン候補自体はドラフトで獲っても
打力の育成がなかなかうまくいかず
守備力特化の選手に成長することが多かった。

昨年は
ここ最近のドラフトで大きく空いた
一軍と二軍の戦力差を少しでも埋める指名をした。
育成でも
二軍の穴を埋める指名を行っている。
一軍・二軍の層だけを考えれば
支配下登録の少ないキャッチャーと
二軍で外野から佐野如がコンバートされている
サードが補強ポイントで、
年齢バランスとしては
キャッチャーは大学生、
サードは大学生または高校生が望ましい。
ただ最近のドラフトでは
二軍の若手がかなり多くなっているため
これ以上獲っても育てられる場所は限られている。
それだけの力を持つドラフト候補がいて
人数過多になっている若手を
早め早めに整理してしまうことを覚悟するのなら、
今年も
センターやショートの高校生か大学生を
獲りに行くのもありだろう。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため
一部のドラフト評論などでも主張される

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような手法は
以前にもましてとりづらくなった。
それよりも

  • 最低限の出場選手登録人数にこだわることなく、一軍で起用可能な投手の絶対数を増やしていく
  • 今年台頭した若手が来年以降も活躍し続けることをあてにして、目の前の年齢(特に18歳)と将来性に特化した指名を繰り返してはいけない

これらがどのチームでも最重要課題になる。

 

2022年投手陣の状況

Bs投手成績2022.07.24

BsSP年代表

BsRP年代表

序盤こそいまいちだったが
交流戦以降は昨年以上の結果を残している
バファローズ投手陣。
特に先発は
昨年途中で離脱した山岡が復活したことで
五番手までがかなりに安定している。
リリーフも
本田や阿部の台頭もあって
あまり悪いところはないように見える。
ただし野手と同様に
二軍まで目を向けると戦力層は薄く、
特にリリーフ陣は若手・中堅の戦力が極端に少ない。
昨年だと
吉田凌などが余力として残っていて
後半戦では大きな成果をあげたのだが、
はたして今年は
そうした余力となりうる選手が何人もいるだろうか。

 

補強ポイント

現在のプロ野球では
1年間を通した起用を考えると
一軍の先発要員だけでも最低8~10人は必要。
また
バファローズの場合は
海外FA権取得までは時間があるとはいえ
山本がいつMLB行きを目指すのかも想定しながら
ドラフト戦略を練らねばならない。
とりあえず
安定している主力5人の故障や不調に備えた
即戦力の先発は不可欠だ。
30代が多い左投手と
若手・中堅の二軍成績がやけに良くない右のリリーフも
即戦力候補を獲りたいところ。
本田のように
ずっと先発として育成してきたリリーフ適性の高い若手を
リリーフに回すことができるなら
さらに先発候補を優先することも可能だ。
このように即戦力を確保したいポイントが多いので
素材型の高校生に走る余裕はない。
獲りたいのであれば、
かなりハードルを上げてしまうが
山本、宮城クラスの即戦力で
バファローズが育てられる選手
が条件になる。

*1:昨年、一昨年のファイターズがこのような批判をされていた

*2:外国人選手というくくりで見た場合