スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年オリックスバファローズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①まだまだ足りない二遊間
支配下登録の少ないキャッチャー
③チームが育てられる「即戦力」投手

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

Bs10年成績

ほとんどの年でBクラスのオリックスだが
2014年は最終戦まで優勝を争っての2位、
昨年はリーグ優勝と
非常に強くなる年が時折出てくる。
2015年は
ベテランも若手も
大半の選手が調子を落としてしまってのこの結果だったが
今年はチームの総合力を保つことができるか。

 

過去10年のドラフト傾向

Bs10年1巡

田嶋の抽選を当てるまで
1位抽選を約20年、11回も外し続けたオリックス
そのあとは再び4連敗中と
どうにもくじ運がなさすぎる。
救いは
田嶋、単独指名の4人、外れ外れ指名の2人も
結果には結びついている点だ。

Bs10年2・3巡

2位と3位では野手の指名が非常に多い。
この少し前の2009年は5人全員投手、
2010年には1~3位まで野手が続いた年もあるが
それ以降は3位までに
投手と野手の両方を獲得している。

Bs10年指名人数

もともと高校生野手の指名は
巷で言われるほど少なくないチームだったが
最近はその比重がさらに上がり
支配下だとファイターズ、ホークスに次ぐ多さになった。
投手は社会人が多い。

Bs10年主な戦力

2014年の表の数字があってないのは
野手にコンバートされた佐野のぶんである。
戦力となった野手の数はかなり多いのだが
バッティングで長く結果を残している選手は少なく、
選手を入れ替えざるをえないために
戦力の数も膨れ上がっている感は否めない。
吉田正ほどまではいかなくても
もう少し安定した成績を残し続けられる選手が
増えればいいのだが。
投手のほうも
安定感のあるリリーフが少ない印象である。
故障者が多いのも一因だろう。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

まだプロ野球開幕前後なので
シーズン中盤以降とは少し考え方が異なる。
基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

若手・中堅の成長や主力の不調・衰えなどは
シーズンが始まってしばらく経たないとわからないので、
基本的には全員が
平均的に成長し平均的に衰えると想定したうえで
考えていくしかない。
夏の大会までの成長具合が中心になる高校生はともかく、
大学生と社会人は
プロ野球がまだシーズン序盤の5月の時点で
公式戦の半分を消化してしまうため、
補強ポイントに合わせたドラフト候補の整理を
ある程度は進めておかなければならない。
そしてシーズンが中盤・終盤にさしかかれば
ベテランの衰えかたや
若手・中堅の具体的な成長速度、ポジション適性なども見えてくる。
それらの経過によって
補強ポイントの誤差を調整していけばいいのだ。

 

補強ポイント

BsF簡易年代表

昨年は
ここ最近のドラフトで大きく空いた
一軍と二軍の戦力差を少しでも埋める野手指名。
育成でも
二軍の穴を埋める指名を行った。
ただし
ドラフトの補強ポイントとして考えられるのは
今年も二遊間とサード。
紅林と太田がほぼ一軍要員になっていて
宜保も一軍ベンチにいることが少なくないため
二軍の内野はまだまだ空きがあるのだ。
この3枠は一軍も絶対とは言えないメンバーで
しかも代役候補が少ないから
最低でも1人は即戦力候補を確保したい。
他には支配下選手が少なく
鶴見、釣が支配下登録へも時間のかかりそうなキャッチャー。
外野は
元のコンバートと池田の獲得で
20代前半がかなり増えたため
支配下で獲る必要はないだろう。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような戦術は以前にもましてとりづらい。
一軍で使える投手を増やしていくことが
どのチームでも最重要課題になる。

 

補強ポイント

BsP簡易年代表

一軍の先発陣は4、5人目ぐらいまでは
実力者がそろっているのだが、
それ以降がまだまだ不安定。
1年間を通した起用を考えると
一軍要員だけでも最低8~10人は必要で
高齢の増井に代わる選手も欲しい。
榊原、本田、山下が
その中に加われるかはかなり微妙で
ルーキー3人はリリーフ要員と考えられる。
今年欲しいのは即戦力の先発。
高校生なら
かなりハードルを上げてしまうが
山本、宮城クラスの
即戦力でバファローズが育てられる選手が条件だ。
ドラフトで右を3人獲得したリリーフも
高齢選手と不安の残る若手が多い。
今年も1人は即戦力を獲得したい。