スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年阪神タイガース ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①高校生か大学生のショート
②長期的な育成に苦戦している投手陣
③今年は素材より即戦力

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

T10年成績

投手陣が奮闘して失点を抑えており、
打線のほうはあまり強くないが
かつての暗黒期のような
得点が失点を大きく下回る年が少ないため
それなりに安定した強さを保っている。
こうしたチーム構造もあってタイガースは
「野球は打力が大事」と言われて久しいものの、
打線の補強がうまくいった2010年ごろは
「野球は守備と投手」と叩かれていた。

 

過去10年のドラフト傾向

T10年1巡

1位の単独入札は大山だけ、
スワローズの公言に特攻した高山以外は
全て3球団以上の競合になっている。
藤浪まで20年以上連敗が続いていた時期に比べれば
くじ運もかなり良くなっているが、
外れ1位指名も含めた3球団以上の競合では
藤浪と佐藤輝の間に8連敗を喫している。

T10年2・3巡

2010~13年は高校生、
14~15年は1位獲得選手と同じチームの選手*1
一時期は妙な特徴を持つ2位指名になっていたが
最近はこれといった定型は見られない。

T10年指名人数

T10年主な戦力


長年野手の世代交代に苦慮してきたこともあってか
大学生野手の指名が多く
2015年以降はその流れがさらに加速した。
ただ何年も持続するような成果は
梅野と大山ぐらいで、
世代交代の完成は
社会人の糸原、近本でようやく形になったところ。
投手は量がかなり物足りなく感じるが
何年も活躍できている選手がおり
質でカバーしていると言えそうだ。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

まだプロ野球開幕前後なので
シーズン中盤以降とは少し考え方が異なる。
基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

若手・中堅の成長や主力の不調・衰えなどは
シーズンが始まってしばらく経たないとわからないので、
基本的には全員が
平均的に成長し平均的に衰えると想定したうえで
考えていくしかない。
夏の大会までの成長具合が中心になる高校生はともかく、
大学生と社会人は
プロ野球がまだシーズン序盤の5月の時点で
公式戦の半分を消化してしまうため、
補強ポイントに合わせたドラフト候補の整理を
ある程度は進めておかなければならない。
そしてシーズンが中盤・終盤にさしかかれば
ベテランの衰えかたや
若手・中堅の具体的な成長速度、ポジション適性なども見えてくる。
それらの経過によって
補強ポイントの誤差を調整していけばいいのだ。

 

補強ポイント

TF簡易年代表

生え抜きの日本人選手に限定すると
最高年齢31歳は
野手ではファイターズと並んで若い。
2022年時点で
20代後半から30歳前後となる選手を集中させ
世代交代を進めることはできた。
ここからの主な課題は
この次の世代交代になるわけだが、
ショートの守備力に定評のある小幡、
長打力が高い井上と小野寺、
1年目の打撃成績は良かった榮枝以外は
今のところ5年後が見通せる状況になっていない。
何としても獲っておきたいのは二遊間、
高校生から大学生までのショートだ。
あとは
バッティングのいいサード、
20歳前後にセンター候補がいない外野手も
数年かけて育てたい。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような戦術は以前にもましてとりづらい。
一軍で使える投手を増やしていくことが
どのチームでも最重要課題になる。

 

補強ポイント

TP簡易年代表

昨年の補強ポイントでも少し書いたのだが
タイガースの投手育成は
素材重視の指名をして
短期間戦力になる選手を2、3年で育てるのは得意な反面、
この選手たちが
故障や制球難などによって
1、2年で崩れてしまうことがかなり多い。
また二軍での先発要員を
一軍ではリリーフに回さざるを得ないほど
リリーフの育成・維持にも苦戦している。
そうした素材の中から
岩貞、青柳、高橋が大成したのは事実だが、
今のタイガースにより必要なのは
岩崎ではないだろうか。
ちなみに
生え抜き投手の最高年齢31歳は
全チームで最も若い。

*1:2016年は大山と同じ白鷗大の中塚駿太が阪神より先に2位指名された