スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年千葉ロッテマリーンズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①野手は獲るならサードと外野
②すぐに投げられる先発候補
③即戦力左腕

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

M10年成績

CSに進出する年は
ピタゴラスよりも勝率がいい。
監督や主力選手が代わっても
この傾向に変化はなく、
チームとしての勝ち運の良さが目立っている。
近年はピタゴラスでも
勝率.500を超えるシーズンが増えており、
チーム全体の力も着実に上がっているようだ。

 

過去10年のドラフト傾向

M10年1巡

1位入札の抽選が4勝4敗、
外れ1位の抽選は4勝0敗と
強烈なまでのくじ運を持っているマリーンズ。
その過程で高校生の抽選を連続で当てたため
2017年以降は
ドラフト評論家から
ほぼ毎年指名を称賛されるようになった。
強運ぶりは2016年以前も変わっていないのだが
きっかけがわかりやすすぎである。

M10年2・3巡

2位と3位では
大学生と社会人の指名が多く、
3位までで
高校生1:大社2のバランスをとる年がほとんどだ。
投手と野手はかなりバランスよく指名している。

M10年指名人数

M10年主な戦力

高校生と大学生は
投手、野手をほぼ均等に、
社会人は徹底して投手を獲得している。
ここから戦力になった選手の数は
それなりに多いのだが、
長く活躍したと言える選手はそこまで多くない。
というのも
野手は戦力数そのものが不足しているためか
かなり早めに一軍で使い始めることが少なくなく、
打撃成績が伴っている年が
イメージよりも意外と短い選手が多いのだ。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

まだプロ野球開幕前後なので
シーズン中盤以降とは少し考え方が異なる。
基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

若手・中堅の成長や主力の不調・衰えなどは
シーズンが始まってしばらく経たないとわからないので、
基本的には全員が
平均的に成長し平均的に衰えると想定したうえで
考えていくしかない。
夏の大会までの成長具合が中心になる高校生はともかく、
大学生と社会人は
プロ野球がまだシーズン序盤の5月の時点で
公式戦の半分を消化してしまうため、
補強ポイントに合わせたドラフト候補の整理を
ある程度は進めておかなければならない。
そしてシーズンが中盤・終盤にさしかかれば
ベテランの衰えかたや
若手・中堅の具体的な成長速度、ポジション適性なども見えてくる。
それらの経過によって
補強ポイントの誤差を調整していけばいいのだ。

 

補強ポイント

MF簡易年代表

キャッチャーは
支配下の人数が8人と飽和状態。
外野は
支配下人数はあまり多くないが
藤原、山口、和田に加えて高部も台頭し始めたので
一軍の最低限のめどはついてきた。
なのでここは
獲っても獲らなくてもいいし
3年後の戦力拡充を狙うなら大学生か社会人、
7年後に備えるなら高校生と
どの選択も可能だ。
厄介なのはは二遊間。
昨年池田と育成で速水を獲得し
20代前半から中盤の層がかなり厚くなったが、
成長速度は今一つ。
安定して一軍に送り出せる選手が少ないため
これ以上ショートを獲っても二軍の空きがなく、
今年はここは補強しづらい。
一方で
今年の開幕戦スタメンサードに
昨年サードも多かった藤岡ではなく
平沢を入れてきたのを見ると、
一軍サードには本来なら安田を固定したいという
チームの意図が感じられる。
とすれば二軍のサード、ファーストには
多少余裕ができているので
ここに安田の次を狙える高校生を
長期計画で獲得しておくことは可能だ。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような戦術は以前にもましてとりづらい。
一軍で使える投手を増やしていくことが
どのチームでも最重要課題になる。

 

補強ポイント

MP簡易年代表

投手成績はあまり良くなく、
特に先発陣がいまいち。
というより
極端に調子の悪い時期が最低1、2ヶ月はあるために
年間を通して安定して投げられない選手が多い印象だ。
それらの状況も考えると
今の先発陣では
森、秋山を加えても
一、二軍を回せる数が足りない。
ルーキーの右腕2人は
社会人でもリリーフが多かったので
先発枠の拡充には結びつかない可能性が高い。
今年は1年目から投げられる先発が必要だ。
また昨年は獲れなかった
即戦力の左腕も欲しいところ。
高校生を獲るなら
この枠を高校生に替えるのではなく
枠を追加する形にしたい。