スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年千葉ロッテマリーンズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①一軍の弱点とかみ合わない補強ポイント
②野手はサードと外野。ただし無理する必要もない
③すぐに投げられる先発候補と即戦力左腕

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

M10年成績

CSに進出する年は
ピタゴラスよりも勝率がいい。
監督や主力選手が代わっても
この傾向に変化はなく、
チームとしての勝ち運の良さが目立っている。
近年はピタゴラスでも
勝率.500を超えるシーズンが増えており、
チーム全体の力も着実に上がっているようだ。

 

2022年の成績

M順位2022.07.24

昨年はリーグトップだった打線が
今シーズンは低迷し、
佐々木朗の覚醒などはあるが
投手陣全体での状態もいまいち。
そのためシーズン序盤は勝ちに恵まれなかったものの
交流戦後は
得失点が-11で貯金+6と勝利を積み重ねた。

 

過去10年のドラフト傾向

M10年1巡

1位入札の抽選が4勝4敗、
外れ1位の抽選は4勝0敗と
強烈なまでのくじ運を持っているマリーンズ。
その過程で高校生の抽選を連続で当てたため
2017年以降は
ドラフト評論家から
ほぼ毎年指名を称賛されるようになった。
強運ぶりは2016年以前も変わっていないのだが
きっかけがわかりやすすぎである。

M10年2・3巡

2位と3位では
大学生と社会人の指名が多く、
3位までで
高校生1:大社2のバランスをとる年がほとんどだ。
投手と野手はかなりバランスよく指名している。

M10年指名人数

M10年主な戦力

高校生と大学生は
投手、野手をほぼ均等に、
社会人は徹底して投手を獲得している。
ここから戦力になった選手の数は
それなりに多いのだが、
長く活躍したと言える選手はそこまで多くない。
というのも
野手は戦力数そのものが不足しているためか
かなり早めに一軍で使い始めることが少なくなく、
打撃成績が伴っている年が
イメージよりも意外と短い選手が多いのだ。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

この前提条件を踏まえつつ
若手・中堅の具体的な成長速度やポジション適性、
ベテランの衰えかたなども含めて
補強ポイントを見定めることになる。
また
今年のドラフト候補で
ポイントに該当し
なおかつプロを志望する選手が少ない、
他のチームとの兼ね合いで
欲しい選手を予定している順位では獲れそうにない、
などといった場合には
補強ポイントを翌年以降に持ち越すこともよくある。
一回のドラフトで
補強ポイントを全て埋めきる、
投手・捕手・内野・外野のポジションを均等に獲得する、
といったことにこだわる必要はない
のだ。

 

2022年野手陣の状況

M打撃成績2022.07.24

打率、HRなど大半の数字が悪く、
盗塁数だけが突出している。
また得点効率はいい。

MF年代表1

MF年代表2

今シーズンは
ほぼすべてのポジションの打撃成績が急降下。
今年はパリーグ全体の打撃成績が急降下してはいるが、
その平均値のマイナスよりも
はるかに大きなマイナスになっている。
プラスと言えるのは岡ぐらいで、
2年連続でちょうどリーグ平均近い成績なのが安田。
個人では
山口も昨年を大きく上回っているのだが、
大半がファーストでの出場なので
チームのファーストとしては
昨年のレアードからかなり下回る形になってしまっている。
ただし
この時点では形式上まだ二軍要員にしてある
井上が一軍に戻ってきて好調なのが救いか。

M若手C,OF

昨年は二軍も多かったが
今年はほぼ一軍という選手が何人かいる。
支配下登録された山本大斗は
高卒2年目としては充分な結果を残しているものの、
高部や一軍で結果を出せていない藤原などを見ると
一軍で出続ける段階にはまだ早いと言える。
二軍を2打席しか経験していない松川は
2014年の田村とほぼ同じ成績になっているが
今年これ以上の成績を求めるのは酷というものだろう。
それにしても
「10年先の将来を見据えて」ドラフト指名され
高卒2年目には「10年先の将来を見据えて」起用されたはずの選手が
指名されてからちょうど10年後に
その座を高卒ルーキーへ明け渡しているのを見ると、
「10年先の将来を見据えて」とは何だったのかと思わされる。

M若手IF

内野陣は相変わらずの停滞モード。
エチェバリア、藤岡、小川を使うなら
茶谷か平沢を固定しろと言われそうだが、
外野陣で見たように
打撃成績は当然二軍から一軍では大幅に下がるうえに
おそらく2人の守備評価が
一軍の3人よりかなり低いのだろう。
安田は
二軍で克服できるような課題が
もう残っていないものと思われる。
サードかファーストで
一軍平均レベルの打撃成績という現状はいささか弱いが、
今後も基本はスタメンで
一軍での開花を待つのが基本線になるか。
優秀な外国人選手が入らなければ
チーム内ではNo.1サードなのだし。

 

補強ポイント

キャッチャーは
支配下の人数が8人と飽和状態。
外野は
支配下人数があまり多くなく
一軍・二軍ともに心もとない状態ではあるが、
外野出場が多い谷川も含めると
総人数がそこそこの人数である。
なので二軍での出場機会を考えると
外野手は獲っても獲らなくてもいいし
上位候補の即戦力狙いでもよし、
3年後の戦力拡充を狙うなら大学生か社会人、
7年後に備えるなら高校生と
どの選択も可能だ。
厄介なのはは二遊間。
一軍が不安定なうえに
20代前半から中盤の選手数はかなり多いものの、
安定して一軍に送り出せる選手が少ないため
ショートを獲りたくても二軍の空きがない。
年代表の空白にだけ着目すれば高校生、
一軍の現状を見れば即戦力が欲しい人はかなり多いだろうが、
今年もここは補強しづらいのである。
一方で
先ほど書いたように
サードは安田が二軍においてもしょうがない状態。
二軍のサード、ファーストに多少余裕ができているので、
こちらのほうは
二軍での長期育成を前提に
高校生を獲得しておくことは可能だ。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため
一部のドラフト評論などでも主張される

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような手法は
以前にもましてとりづらい。
それよりも

  • 最低限の出場選手登録人数にこだわることなく、一軍で起用可能な投手の絶対数を増やしていく
  • 今年台頭した若手が来年以降も活躍し続けることをあてにして、目の前の年齢(特に18歳)と将来性に特化した指名を繰り返してはいけない

これらがどのチームでも最重要課題になる。

 

2022年投手陣の状況

M投手成績2022.07.24

被安打が多い以外は
とりたてて良いところも悪いところもない成績。
エラーがらみの失点が
ライオンズに次いで二番目に多い。

MSP年代表

MRP年代表

佐々木朗がとんでもない進化を見せた先発陣は
石川、小島、ロメロまでが安定している。
五、六番手以降も
二軍と一軍をとっかえひっかえできる程度の
人材がそろってため、
極端に悪い点は見当たらない。
リリーフ陣は
調子のいい選手と悪い選手がはっきりしていて、
二軍では好調で実績がある選手たちが
一軍では軒並み打たれてしまっているため
戦力層が薄い。
この選手たちをどう使って
好調な選手たちをうまく休ませるかも
今シーズンの課題と言えるだろう。

 

補強ポイント

先発は頭数が充実している一方で
実際に安定した主力となると
30代と外国人が中心。
20代前半から中盤の若手・中堅も
種市や岩下のように
いつ長期離脱するかわからないし、
佐々木朗は成長が早すぎて
いつ日本を離れてもおかしくない。
昨年は
即戦力の先発および左腕がともに獲れなかったので、
その意味でも
この二点が今年の補強ポイントになる。
高校生を獲るなら
この枠を高校生に替えて即戦力を減らすのではなく
枠を追加する形にしたい。