スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年読売ジャイアンツ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①チームの不調は本当に監督采配だけの問題か
②二軍のどのポイントから指名をしていくか
③苦手な補強ポイントを次善の策で克服できるか

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

G10年成績

 

リーグ優勝は5回。
補強がぴたりとはまれば優勝するが、
補強がいまいちうまくまとまらないか
育成にシフトして補強を怠ると優勝できない。
そんな状態が
「育成の巨人」時代からもう15年以上は続いている。
補強の影響をもろにうけているのは打線。
一方、ここ10年は
投手成績の相対順位が年々下がっている。

 

2022年の成績

G順位2022.07.24

交流戦後に成績が急降下したものの
得失点だと
貯金が7あった交流戦前から既にマイナス。
得失点が示している通りの成績に
落ち着いてきているだけとも言える。
最近「貧打」と叩かれている打線はそこまで悪くはなく
交流戦からオールスター前でも平均得点が4点*1を超えているのだが
平均失点が5.66ではあまりにも多すぎる。
またオールスター前後は
感染症陽性者があまりにも出すぎて試合ができず、
育成選手を一軍で使わない巨人にも批判が集中した。

 

過去10年のドラフト傾向

G10年1巡

「育成の巨人」の一翼を担ってきた
逆指名*2が使えなくなったこともあってか、
2016年以降は全て3球団以上の競合に特攻し
外れ1位も含めた抽選は11連敗中。
11戦のうち2球団競合がたったの2回しかないので
自業自得とも言えなくはないが、
それにしてもくじ運が悪すぎである。

G10年2・3巡

2位はしばらく野手が多かったが
ここ3年間は大卒・社会人投手。
社会人3人は全員高卒3年目である。
3位指名は高校生が多めになる。

G10年指名人数

G10年主な戦力

2015~17年に大学生と社会人中心の指名をした
影響もあるのだろうが、
原監督が再度就任した18年以降は
高校生にかなりの比重を置いたドラフトになっている。
それもあって
戦力となった選手の数はあまり多くない。
ただジャイアンツの大卒・社会人出身投手は
質が全体としてはあまり良くなく即効性も乏しい。
高卒投手は量では遠く及ばないが
質と即戦力度でむしろ優位に立っており、
支配下指名がドラゴンズと並ぶトップタイ、
支配下と育成の合計がホークスと全く同じ指名数になるのも
何だかうなずける内容である。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

この前提条件を踏まえつつ
若手・中堅の具体的な成長速度やポジション適性、
ベテランの衰えかたなども含めて
補強ポイントを見定めることになる。
また
今年のドラフト候補で
ポイントに該当し
なおかつプロを志望する選手が少ない、
他のチームとの兼ね合いで
欲しい選手を予定している順位では獲れそうにない、
などといった場合には
補強ポイントを翌年以降に持ち越すこともよくある。
一回のドラフトで
補強ポイントを全て埋めきる、
投手・捕手・内野・外野のポジションを均等に獲得する、
といったことにこだわる必要はない
のだ。

 

2022年野手陣の状況

G打撃成績

GF年代表1

GF年代表2

今年不調の主力も少なくないが、
ウォーカーや吉川の調子がよく
移籍2年目の中田もかなり状態が良くなった。
坂本の離脱で大きな穴が空いてしまっているものの
まずまずの打線にはなっている。
守備面のマイナスが強調されることもしばしばだが
ウォーカーの場合は
守備のマイナスをはるかに上回る利得を
バッティングで稼いでいそうである。
外部の声は極端な過激派が多くなっていて、
チームで最も打っている選手の一人である丸には
主力として評価する様子が何一つ聞こえてこず、
岡本和にいたっては
「チャンスで打てないし不調が長いから若手に代えろ」と
叩かれている。
せっかくの「生え抜きの主砲」も
実働5年目の26歳では飽きられてしまったか。

G若手F

ジャイアンツの二軍は
20代後半の準一軍要員も多く
三軍との区分けもなされているため
25歳以下の二軍枠はそこまで数が多くない。
二軍である程度打席に立っていて好調なのは
増田陸とウレーニャの2人。
ウレーニャは一軍の外国人枠を考えると
簡単に支配下登録するわけにもいかなくなっているか。
「なぜショートスタメンで使わない」と
首脳陣がときどきやり玉に挙げられている増田陸は
去年・今年と
二軍で1試合もショートを守っていない。
中山は
この年齢にしてはかなりの力を発揮しているが
一軍だとさすがにつまづいている。
成長速度が異次元だった坂本の再来を求め続けている
「若手を我慢して使い続けろ」と主張する人たちの
ハードルが高すぎるだけだろう。
山瀬や菊田、秋広などは
同じポジションの主力の一軍成績より二軍成績が良くない。

 

補強ポイント

ジャイアンツは
育成選手を2年連続で大量指名。
ホークスと違って四軍を作るという話は出ていないが、
二軍の新球場建設に向けて
二軍と三軍の区分をより明確にする狙いが
あるのだろうか。
これによって
ホークスの育成法とも少し違う
支配下=二軍以上、育成枠=三軍」での育成が
基本構造になっているのだが、
支配下での補強ポイントは
少し見づらくなった。
30歳前の内野手
ユーティリティとして
一軍への待機要員にはしておきたい存在で、
戦力外にしたい支配下選手もあまりいない。
その中で支配下選手が欲しいのは
支配下の人数が少ないキャッチャー。
増田陸と菊田の守備力評価次第では
将来のセカンド、サードの候補、
さらに25歳以下の支配下が少ない外野候補。
補強しようと思えばできるポジションはそこそこある。
一方で育成枠は
内野手の数がぎりぎりなうえに
三軍では好調な加藤や
在籍期間が長くなっている黒田の去就もあるため、
内野を大量指名してくる可能性がある。
岡本和にFA移籍の可能性が極めて低いのは
ジャイアンツらしい将来のプラス材料だ。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため
一部のドラフト評論などでも主張される

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような手法は
以前にもましてとりづらくなった。
それよりも

  • 最低限の出場選手登録人数にこだわることなく、一軍で起用可能な投手の絶対数を増やしていく
  • 今年台頭した若手が来年以降も活躍し続けることをあてにして、目の前の年齢(特に18歳)と将来性に特化した指名を繰り返してはいけない

これらがどのチームでも最重要課題になる。

 

2022年投手陣の状況

G投手成績

GSP年代表

GRP年代表

ジャイアンツの投手陣は
守備、特に外野守備に足を引っ張られているという
印象が強い人も多いのではないだろうか。
それも全くの間違いではないではないと思うが、
FIPもまたリーグワーストで
純粋に投手陣そのものの内容も良くないのが実態だ。
先発要員は25歳以下がやけに多く
山崎伊や赤星など
ファームでの実績も乏しかった若手も使われ続けている。
二軍の投手成績は
チーム全体で見ると悪くないのだが
個別に見ると
特に若手がかなり中途半端で、
二軍のレベルをクリアしたと言える選手が見当たらない。
少しでもアピールポイントがあった選手は
この時点で
13試合に登板した戸田や
5試合に先発した堀田をはじめとして、
若手・中堅・ベテラン関係なく
全員が一軍を経験している状況だ。
今は若手を使わせたい人たちの常套句である
「我慢」の時期としか言いようがなく、
既に実績がある投手の負担増も
若手を育てるための「我慢」
ということになる。
今年は
ここ数年のチームを支えてきた投手の
故障と不調も続出しており
彼らの復調を待つという点でも「我慢」がいる。

 

補強ポイント

投手の補強ポイントは
先発リリーフ問わず即戦力。
現時点で使える投手の数は足りておらず、
ここ数年停滞が続いている
有望株の大半が大成できない可能性は
常に考えておかねばならない。
即戦力の投手がいるに越したことはなく
多すぎるということもないのだ。

ただし問題点が二つ。
先ほど書いたように
大卒、社会人の即戦力投手の指名が非常に苦手という点。
しかもくじ運が極端に悪く逆指名も使えないために
狙っていた即戦力を獲れず
よけい素材偏重になる悪循環である。
今年は
大勢、平内、山崎伊、赤星、戸田、菊地と
1、2年目の選手がイニングを稼いでいるが、
今までのチームの傾向からいくと
来年以降に対しては未知数の部分がかなり大きい。
そしてもう一つが
この素材偏重によって
「年齢的にもロマンあふれる若手有望株」は非常に多くなる点。
チームの内部も外部も
「このロマンに賭ければ戦力は充分足りるはず」と考えて
さらに素材重視を加速させ、
結局は戦力不足も加速させてしまうのだ。
これらを防ぐためにも
本来なら本当に使える即戦力偏重の指名をしたいのだが、
次善の策として考えられるのは
実際に一軍で早くに戦力となっている高卒投手と
似たタイプの高校生投手を多く獲ることだ。
これだと
非常に緊急性の高い戦力の向上に直結するかはともかくとしても
チームの指名傾向や育成傾向に近い指名にはなるし、
ドラフト直後の各採点で
少しは点数が上がるポイント*3にもなるだろう。

*1:4.17、リーグ3位

*2:長野久義澤村拓一なども「育成の巨人の成果」と讃えられてきた。特に清武英利氏がチームを離れるまでは

*3:くじ運が悪すぎるのでどのみち高得点にはなりづらい