スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年読売ジャイアンツ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

戦力分析

43-32-10 .573② 357②-305③ .578①

優勝争いをしている阪神やヤクルトに比べると
勝利効率は若干悪く
奇策を駆使しているくせに意味ないじゃないか
という印象を持つ巨人ファンも多いかもしれない。
打線、失点とも安定して高いレベルは保っているが
突出した部分もあまりない。

 

野手

平均得点4.20② RC369② SLG.420① OBP.317③ OPS.737② SB51②

GF年代表

テームズが故障で離脱しスモークが退団したため
打線の新戦力は梶谷と廣岡ぐらいになっている。
また4年目の湯浅がベンチ要員として一軍に定着しつつある。
既存の選手たちが比較的好調なので
若い選手が一軍の打席機会を得る余地は
かなり限られているのが実情だ。
どういうわけか
丸が何かにつけて
「不調だ」「もう使えない」などと
やたらと叩かれるのは目にするけども。
二軍の若手では
3年目の増田陸が成長の跡を見せている。
ただし今シーズン二軍ではセカンドとサードのみ。
開幕一軍スタメンの呼び声も高かった
高卒ルーキーの秋広は
序盤よりは少し調子を上げ
1年目の二軍成績としては上出来ではあるが
さすがに一軍スタメンは評価が高すぎだった。
他にも
一部の人たちからは
山瀬、中山、山下、菊田などが
一軍成績が彼らの二軍成績より優秀なレギュラーや
二軍で彼らよりももっと打てている若手・中堅を差し置いて
後半戦でのスタメン定着を期待されている。
こういう人たちはレギュラーの二軍行きを主張する際に
よく「競争」「実力主義」などを理由に挙げるが
「競争」と「実力主義」はいったいどこへ消えたのか。

投手

ERA3.44③ WHIP1.28③ FIP3.92⑥ K/BB:2.33④ K-BB:11.4%③

GSP年代表


GRP年代表

四球は決して少なくなく
一発病にも悩まされているジャイアンツ投手陣。
失点や防御率とは裏腹に、
投手そのものにかなり問題が多い状況である。
防御率はそこそこだが
いつどこでHRを打たれるかわからない先発を
ある程度のところで代え
細かい継投で何とかつなぎ負けを防ぐ、
そんな野球になっている。
二軍のほうは
守備力を見ないと何とも言えないが
全チームで唯一
被安打がイニング数を上回っている。
防御率FIPともにそれなりの若手、中堅選手で該当しないのは
谷岡と平内のみ。

補強ポイント

過去のドラフト傾向

G1巡

1位入札に関しては
「運が悪い」の一言に尽きる。
希望枠終了後も逆指名を多用し
逆指名がほぼ使えなくなってからも
単独指名狙いが続いたことで
かなり批判されていたが、
競合へ特攻するようになった2016年以降は
5年間で9戦全敗だ。
しかし
単独指名を「勇気がない」と批判する評論家に
玉砕の「勇気」を称える人は一人もいない。

G2・3巡


G指名数

「育成の巨人」の宣伝があたったためか
逆指名以外では絶賛されていたのが
2011年まで。
その後も
高校生偏重指名をしばしば敢行し
2015年からは
育成指名も再び激増したものの
ドラフト後の採点は高くならない。
「育成の巨人」時代の逆指名を除けば
特に投手で素材重視の指名が多く、
大社出身より高卒のほうが
早くに台頭するケースも珍しくない。
昨年は3年ぶりに
高校生をあまり獲らない年だったが
トミージョン明けの山崎伊など
素材重視の指名傾向は変わらなかった。

世代交代の時期と順番

他のチームでもこうした点は少なからずあると思うが、
特に巨人で強く出ると思われるのが
チーム、ファン同士が各自に考える補強ポイントの乖離。
中でも丸、梶谷のような外様や
おそらくは一発病の原因として
かなりヘイトをためられている大城*1のスタメン剥奪と
控え要員にするか戦力外にするかの処遇、
坂本の将来的なコンバートの時期などだ。
この新たなスタメン候補にしても
先ほど書いたような
山瀬、秋広、増田陸、中山、山下、菊田らに代えるのか
もう少しは現実的な
岸田、北村、若林、廣岡、八百板などの名前があがるのか
といった違いも出てくる。
こういうところで
次の世代の年齢や二軍、三軍の空きなどに
大きな違いが生まれ、
補強ポイントも極端な差が出てくるわけだ。

さてもう少し現実的に考えると
これからの世代交代はもっとゆるやかに進むと思われるので
今年、来年の一軍メンバーの極端な入れ替えは起こらず
ファームの空きにもそこまでの変化はないはずだ。
野手で人員不足になりそうなのは
外野手とキャッチャー。
育成枠から
保科、喜多あたりが支配下登録される可能性もあるが
支配下指名で考えられるのはこの二枠になる。
昨年大量指名した育成枠は
そのぶん大量の戦力外選手も出したので
野手で3年以上育成枠にのみ在籍しているのが
黒田1人だけ*2になっている。
今年の育成はさすがに少数指名になるか。

投手は
そんな悠長なことは言っていられない。
一軍はすでに危険な状態で、
二軍に若い有望株はいるものの
彼らが一軍直前で伸び悩むこともよくあるし、
いつ故障や不調に見舞われるかは予測できない。
有望株をすぐにでも増やすため
即戦力の指名は必須だ。
と言いたいところだが
ジャイアンツは
より粗削りなタイプを好む傾向が強く、
1位競合クラスじゃないと
完成度の高い投手はあまり指名したがらない。
しかもこの傾向は
高校生より大学生、社会人のほうがはるかに強くなる。
なので
高校生一辺倒の指名は褒められないが
「即戦力」オンリーよりも
高校生と大学・社会人をしっかり混ぜて指名したほうが
終結果はプラスに出るかもしれない。

*1:野村克也氏の影響でHRや長打を捕手のリードの責任と考えるファンが相当数いるのが一因と考えられる

*2:投手は山川と田中優