スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年千葉ロッテマリーンズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

 

戦力分析

37-34-12 .521③ 384①-352⑤ .543③

2位の昨年は
やや弱い打線を投手陣が支える構成だったが
今年は
やや弱い投手陣を強力打線が引っ張る構成。
得点効率は高く
盗塁、バントなどの小技も積極的に用いるのが特徴。

 

野手

平均得点4.63① RC379① SLG.402① OBP.336① OPS.737① SB74①

MF年代表

長打力、出塁能力ともかなり高く
この単純な打力が打線好調の原動力である。
今シーズンはレアードが復活し
マーティン、荻野、中村が好調。
さらに藤岡も調子はまずまずと言える。
安田はサードとしては不満が大きくなるものの
昨年より向上しているので
今後や来年以降には充分期待できる。
3年目の藤原も順調に成長しているが
一軍と二軍での成績がほとんど変わらないうえに
一軍だと二軍より三振率が低いという謎な成績を残している。
マリーンズの二軍は
藤原に加えて
しばらく一軍にいた山口に宗接、平沢など
三振が少なくない代わりに
四球数も極端に多い選手がちらほらいるので
重点的に球を待たせる育成方針なのか、
それとも
藤原は毎年スロースターターなので
序盤は無理に一軍では使わず、
好調になってから一軍へ昇格させているということか。
一方、
なかなか成果が上がらないのがショートの育成。
現状では今年も
藤岡の一軍成績を上回る二軍成績を残す若手が
出そうな気配がない。
ルーキーの小川はこれでも
昨年秋の東都よりは成績がいい。

 

投手

ERA3.98⑤ WHIP1.31⑤ FIP4.06⑤ K/BB:2.20⑤ K-BB:9.8%⑤

MSP年代表


MRP年代表

投手陣はあまり良い数字はない。
四死球は平均程度だが
チームHR81本に対して被HRは94と極端に多く
三振率は西武に次いで低い。
主な先発陣で
防御率FIPのどちらかがリーグ平均よりいい選手は
岩下と鈴木しかいない。
強力打線の効果もあり
イニング数はそれなりに稼げるのが救いだ。
不安定なのはリリーフ陣も同じ。
河村、土居に加えて
若い横山、東妻やフローレス、大嶺など
そこそこ投げている選手は他にも多い。
佐々木千の台頭がなかったらもっと苦しかっただろう。
左投手は致命的に足らず
リリーフ専任は成田が3試合に投げただけ。
今は中村稔がロングリリーフ要員を兼ねている。

補強ポイント

過去のドラフト傾向

M1巡

単独指名の年以外は全て太字。
つまり外れ1位までには必ず抽選を引き当てている。
この強運のおかげで
その時獲得したい選手を入札する
シンプルな戦略を
他チームよりも少ないリスクでとれるようになった。
大競合や単独指名狙いへの介入も
しばらくは全く褒められなかったが
平沢特攻を経て安田を獲得したあたりから
べた褒めされだしている。

M2・3巡


M指名数

2・3位は大学生の指名が多い。
「高校生を獲らない」と批判が集中した2010年前後は
獲得数を極端に抑えていた時期でもあり、
2014年以降は
この即戦力の枠組みの中に
高校生の指名枠を追加したもの、
高校生の1位入札も
スケール云々といって点ではなく
準即戦力枠としての位置づけと考えると
ある程度一貫性を持った
前後のつながりが見えてくるように思う。

マリーンズドラフトの最大のネック

野手のネックは
先ほども書いたように二遊間。
年齢的に
中村奨と藤岡のリミットをあと3、4年と想定し、
福田光、西巻、平沢、茶谷、小川が
どちらかの後継候補として開花できそうか
考えなければならない。
この5人は
若手が安田しかいない
サードのバックアップも兼ねているが、
この点も含めて
想定しづらいとなれば
今年もショートの指名が必要だ。
それも
マリーンズという意味では西岡剛クラス、
二軍監督的に考えれば
井端弘和川崎宗則クラスの選手が要求される。
ちなみに井端は
東都リーグ3年秋と4年春にOPS1点以上を記録した。
他には
年齢層が偏っているキャッチャーも獲りたいが
加藤匠の加入で支配下の捕手が7人に増え、
ドラフトで指名するスペースは減っている。
今年に入って2人減った外野手は
西川、山本大斗が入っている育成要員を
もう一枠増やすかどうかだ。

投手で足りないのは左のリリーフ。
しかしだからといって
単純に大学生や社会人を獲っても
土肥、山本大貴、永野のように
育成に時間のかかるタイプだと
将来的にも戦力の向上にはなかなかつながらない。
獲るなら松永のような即戦力が必要。
また
マリーンズは左右関係なく即戦力、
特に社会人投手の見極めが
あまりうまいほうではない。
高校生投手の
スカウティングと育成のノウハウは
ある程度出来上がっているようだけども、
確率的にもそれだけで投手を賄うのは不可能だし
土居、横山のように
前倒しした一軍起用にも迫られている。
右ピッチャーに関しては
チームがそのあたりも踏まえて
高校生、即戦力ともに指名するだろうから、
高校生野手の1位入札と高卒投手の成功に
すっかり気をよくしたドラフト評論家やファンは
安易に即戦力の指名を批判しないことだ。