スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年横浜DeNAベイスターズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

 

戦力分析

31-44-11 .413⑥ 344④-403⑥ .422⑤

今年は失点が大幅に増加。
この得失点では
下位に沈むのも仕方ない状況だ。
今年は昨年まで少ないと批判されていたバントが激増したが
彼らから期待されていた
得点効率の向上も接戦の強さも
これといって見られてはいない。

 

野手

平均得点4.00④ RC367③ SLG.404③ OBP.318③ OPS.721③ SB18⑥

ByF年代表

ルーキーの牧の活躍に
桑原が復活どころか自己ベストを大幅に上回る成績。
今年は例年以上に
打撃の強いポジションといまいちなポジションが
露骨に出ている。
特に外野は3人そろって成績が良すぎるため
二軍で好成績を残している細川らをスタメンで使う場所がない。
「細川や関根を使え」と主張する外部の人たちは
佐野、桑原、オースティンの
誰を外させるつもりなのだろう。

高卒ルーキーの小深田はともかく
他の若手は森以外状態がいまいち。
前半戦最後に一軍でアピールした森は
二軍を卒業するレベル到達にはまだまだかかりそうだが
プロ入り後に長打力が伸びてきている点が
大きな成果と言っていいだろう。

投手

ERA4.48⑥ WHIP1.41⑥ FIP3.82③ K/BB:2.17⑤ K-BB:10.5%⑤

BySP年代表

ByRP年代表

投手陣は三振率がそこそこ高い反面
四球と被安打がかなり多い。
中でも大貫、石田に移籍した国吉は
かなり極端な数字だ。
今年の二軍はかなり四球が多く
前半戦終了時点で四球率が4.50を超えているのは
全チーム中ベイスターズ(4.61)だけ。
ある程度投げられる選手では
京山と進藤以外かなり苦戦している。

 

補強ポイント

過去のドラフト傾向

By1巡

大競合でのくじ運がかなり悪く、
3球団以上の1位抽選では
1984年の竹田光訓と
2013年外れ1位の柿田しか当てたことがない*1
2008年松本は2球団競合。
単独指名狙いの多さとくじ運の悪さで
結果的に大学生投手の1位指名になることが多いため、
自分のランク付け通りの12球団競合を求める評論家たちから
毎年目をつけられ、激怒されている。

By2・3巡


By指名人数

DeNAになってからの2位は全て大学生と社会人。
ここで高校生に走らなかったことも
高卒至上主義者が多いドラフト評論家を
激怒させる要因になっている。
3位以下ではここ最近
高校生の比重が上昇。
高校生の育成によりリソースをさくだけの余裕が出てきた
ということなのだろうが、
大きく負け越している今年は
判断が難しい年になりそうである。
昨年「少なすぎる」と批判されていた高校生投手は
このとおり毎年、
しかもここ最近は2人以上獲得している。

戦力外選手との組み合わせ方

戦力の底上げを図るにあたって考えたいのは
大学生か社会人のショート。
大和から柴田と森の間が
知野しかおらず
ちょうど間に当てはまる選手が欲しい。
また宮崎のバックアップも不足気味で
年齢が小深田まで空いている。
伊藤裕が停滞気味なのも不安材料。
これらの条件を両方満たすのは
まずまずの打力と肩を持つショートになるが
今年そんな候補がいるかどうか。
あとは
代打要員としても一軍に置きたい外野手が多いことをふまえて
二軍で育成する外野手を獲得したい。
年齢バランスを考えると
ここは高校生のほうがいいか。
野手で戦力外にできそうな選手は少ないが
支配下登録が31人しかいないため、
人数としては
投手の戦力外、育成契約のぶんを
いくつか支配下野手枠にあてたい。

そんなふうに考えてみたはいいが
投手は投手で
リリーフの主力にベテランも多く
戦力になっていない選手と先発要員は
若い選手が多い。
ベテランと中堅選手が引退したとしても
野手枠に何枠かあてられるほどの人数は出づらいのだ。
さて
何とか枠の人数を確保できたとして
獲りたい投手はやはり即戦力。
中でも有望な若手・中堅が少ないリリーフは
しっかり指名したいところだが、
ベイスターズ
下位指名での即戦力の見極めが
あまりうまくない。
あるいは
ドラフトでは先発候補を獲得し
リリーフに関しては
現在の先発育成要員から
よりリリーフ適性が高い選手を回すほうが
チームにはあっているかもしれない。

*1:2勝20敗、勝率.091。4球団以上は全敗