スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年東北楽天ゴールデンイーグルス ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

 

戦力分析

41-36-11 .532② 339④-328④ .516④
投打ともリーグ内での状態は今一つだが
勝ちは拾えている。

 

野手

平均得点3.85④ RC358③ SLG.371⑤ OBP.331② OPS.702④ SB29⑤

EF年代表

ロメロの代わりに獲った
カスティーヨとディクソンはうまくいってないが
岡島が復活。
浅村、島内らとともに
打線の核になっている。
若手では
1年目から好成績だった
2年目の黒川が今年さらに好調。
しかし成長が予定より大幅に早かったため
一軍のセカンドが空いてない。
二軍は完全に卒業するレベルに達しているので
今後一軍でどう使って育てていくのか
チームも腐心していることだろう。
一方、
しばらく一軍にいた武藤は
二軍に戻った後
あまり結果を残していない。
バッティングはまだ一軍には早かったか。

 

投手

ERA3.58③ WHIP1.23③ FIP3.20① K/BB:3.00① K-BB:14.4%①

ESP年代表

ERP年代表

防御率、失点はあまり良い数字ではないが
一軍の先発陣は
他の投手成績が優秀な選手が多い一方、
二軍は制球に課題の多い選手だらけ。
過去に一軍実績のある選手でも
今年は苦戦しており、
選手層自体は薄い。
二軍の若手のなかでは結果を出している高田孝も
四球がイニングの半分弱。

補強ポイント

過去のドラフト傾向

E1巡

2012年から抽選3連勝した楽天だが
大競合を制したのは2013年だけで、
大競合でも2勝した分離ドラフト時代ほどではなかった。
2015年以降はロッテと
6年間で5回入札がかぶっている。
楽天も早川に外れ1位の辰己で勝っており 運は決して悪くないほうなのだが
いかんせん相手が悪すぎた*1

E2・3巡


E指名人数

2・3位では野手の指名も多い。
2010~12年は投手を獲った後に徹底して野手を獲っていたが
13年以降は
投手偏重の年と半分以上野手の年が
しばしば見られる。
どちらかを2年連続で、
ということは今のところないので
今年はバランス型か野手重視の年になるのだろうか。

大型補強の裏の狙いとその成果

その野手の補強ポイントは、というと
現在からの世代交代で不安が大きいのは
島内、岡島の後継候補。
長打力が期待される岩見と和田が伸び悩んでおり
センター争いも兼ねている小郷、オコエ、武藤と外国人で
外野2枠とDHを賄いきれるかどうか。
年齢的には大学生の強打者か中距離打者になるが、
大学時代の島内のような
長打力は高くないが
身体能力が高く選球眼もいいレフトは
他チームもあまり指名しないので、
そんな選手が下位に残っていた場合
既にノウハウのある楽天としてはねらい目かもしれない。
他には
茂木を完全にサードへ回すにあたっての
三遊間のバックアップ要員。
これは一軍ショートが
小深田、山崎剛、村林、渡邊佳だけでは不安なら
という条件つきだ。
あとは次々世代の候補を
戦力外で生じる空きとの折り合いをつけつつ
二遊間、センターを中心に随時確保していきたい。
無理に1、2年で埋めきる必要はない。

今年も田中将を補強し
こうした大型補強をしている間に
二軍で素質あふれる若手を育成する見込みだったのだろうが、
若手は状態がむしろ悪化する選手すら増えており
目論見が外れている。
今後のさらなる高齢化を考慮すると
即戦力級の選手を獲らないことには
話にならない。
高校生や大卒・社会人の素材型の場合は
どういうタイプなら育てられるのかすら見えてこない状況。
はっきりしているのは
今まで好んで獲ったタイプの育成が苦手
ということだけだ。
今年狙いそうな
一番人気の高校生投手は許容範囲としても
あとはハイレベルな完成度を持つ選手に絞っていきたい。

*1:ロッテは平沢、藤原、佐々木で3勝