スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2020年千葉ロッテドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

成績、内容は8月30日終了時点(その後のトレードなどは年代表に反映されてません)

 

戦力分析

34-26-2② 268④-282⑥

野手

平均得点4.32⑤ RC274③ SLG.373④ OBP.346② OPS.719④ wOBA.320② SB49①
2020ロッテ野手年代表

今シーズンは菅野が新しく戦力になった。
四番に固定されている安田は
マーティン、井上、中村奨、菅野らが周りを固めることで
四番で我慢して使えているのが現状。
打線の核が少なければそんな余裕はなくなり
サード起用自体でも併用を余儀なくされるだろう。
FA移籍の福田秀は低打率ながらも
調子を上げてきたところでの戦線離脱と不運も重なっている。

2020ロッテ野手二軍若手

二軍にいる若手・中堅は
一軍へ上がっている加藤以外一軍定着にはまだまだ早いという内容。
昨年の安田や菅野とはスタッツが違いすぎる。
聖域扱いされて叩かれることの多い藤岡も同様で、
今年の成績を見ると
二軍成績藤岡の一軍成績
かろうじて上回っているショートは福田光だけ。
昨年怪我で二軍へ下がったときの数字を見れば、
他の選手の打力はまだ藤岡よりはるかに下とわかる。
香月は二軍レベルからは脱却しつつあるのだが
上位互換の井上と安田がいるため
今ぐらいの力だとまだ一軍での居場所がない。

 

投手

ERA4.36⑤ WHIP1.39④ FIP4.21④ K/BB:2.08③ K-BB:9.9%④ BABIP.308

2020ロッテ投手年代表

先発陣は防御率FIPがまるでかみ合ってない選手が目立つ。
美馬は被安打がかなり多い(75)からまだわかるが、
被安打率が似通っている種市(43)と二木(33)は
なぜ防御率が真逆(種市3.47、二木5.03)なのか謎。
二木も調子は上がっているからいずれは収束するか。
リリーフはイメージ以上にベテラン中心の構成。
ここでは二軍要員としたなかにも
一軍で投げている選手は何人かいるが
本当に使える投手は多くないので、
数少ない「使える投手」に頼るのではなく
いかに温存しつつ1年数年やりくりするかが
今の起用法のコンセプトと言える。

補強ポイント

獲った選手はどこの試合で育てるのか

一軍主力、特に外野の主力に30代が多い反面、
主力と二軍の若手の実力差がかなり激しい。
一軍経験を与えるには微妙な内容なのだが
ネームバリューが非常に高い選手がそろっているため
使わないと外部の人間がぶち切れる。
さらに育成用の二軍枠が埋まっているので
ドラフトでの野手指名も難しく、
指名数を抑えてまた外部の人間がぶち切れる。
実に面倒な状況だが、
今年の人数は何人を戦力外にできるかが重要だ。
獲りたいのは
25歳以下が佐藤と植田しかいない捕手、
香月はいるが安田が二軍を卒業したサード。
西巻のポジション次第では
高校生ショートもそろそろ獲っておきたい。
高齢化の進んでいる外野は
清田、角中、福田秀の衰えまでに
藤原と山口、さらに内野からのコンバートがいればその選手が
一軍戦力として間に合うかどうか。
間に合わないと判断すれば
大学生か社会人がまた必要になってくる。
判断は今年か来年までに行いたい。

投手は左の先発が極端に少ないものの、
素材を先発として育成したが結局リリーフに回ったり
単純に怪我で出られないためリリーフ枠に置いてあったりなので、
無理に先発を求めて数年かけた育成を行うべきかどうかは疑問。
チームの特徴は
高校生をピンポイントで獲るとうまく育てられる反面
大学生、社会人の獲り方がかなり素材寄りで戦力になりづらく
高校生も大量指名にはしると途端に大失敗する
高齢化自体はかなり厳しい段階に達しているため、
高校生は今まで通り年1人強程度のピンポイントに抑えつつ
大卒、社会人から即戦力をうまく発掘していくことが必要だ。