スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年福岡ソフトバンクホークス ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①新たに四軍を作るのか、二軍と三軍の間を埋めるのか
②大卒・社会人ならショートとセンター
③「準一軍」となりうる投手

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

10年間で
リーグ優勝4回に日本一6回。
投打のバランスが
非常に高いレベルでまとまっている。
一方2013年と昨年は
得失点に対して
極端なマイナスを計上してのBクラスも経験した。

 

過去10年のドラフト傾向

2008~11年は
4年間で単独指名2回。
1位入札での人気指名への特攻は
ちょうど2012年から激増していた。
1位の大競合を引き当てるか、
外れ1位の抽選も外すかの
どちらかになることが多い。

2位、3位では
高校生野手が最も多く
1~3位でも高校生が半分以上を占める。

指名全体でも高校生が極端に多い。
支配下指名の半数以上が高校生なのはホークスだけだ。
特に野手は支配下の75%が高卒で
2013~18年の6年間は全て高校生になっている。

ところが
これだけ獲得した高卒選手がほとんど戦力になっていない。
野手だと将来的には
谷川原や九鬼、井上など、
(砂川)リチャードと三森大貴にいたっては
今年中にもこの「主な戦力」の枠に入ってくると思うが、
考えられる通常の成長速度に対して
いささか悠長に構えすぎた印象は否めない。
投手も同様で、
故障者が多いことも相まって
戦力を安定して輩出できずにいる。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

まだプロ野球開幕前後なので
シーズン中盤以降とは少し考え方が異なる。
基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

若手・中堅の成長や主力の不調・衰えなどは
シーズンが始まってしばらく経たないとわからないので、
基本的には全員が
平均的に成長し平均的に衰えると想定したうえで
考えていくしかない。
夏の大会までの成長具合が中心になる高校生はともかく、
大学生と社会人は
プロ野球がまだシーズン序盤の5月の時点で
公式戦の半分を消化してしまうため、
補強ポイントに合わせたドラフト候補の整理を
ある程度は進めておかなければならない。
そしてシーズンが中盤・終盤にさしかかれば
ベテランの衰えかたや
若手・中堅の具体的な成長速度、ポジション適性なども見えてくる。
それらの経過によって
補強ポイントの誤差を調整していけばいいのだ。

 

補強ポイント

四軍の設立をうたい
昨年育成選手の大量指名を行ったホークス。
新たな試合メンバーをそろえるためか
育成まで見るとバランス重視のドラフトをしており、
今年もそのような指名を続ける可能性は高い。
ただ二軍と三軍の対戦レベルの差は激しく、
同じ三軍の試合でも
たとえばアイランドリーグと九州アジアリーグでは
やはりレベルにかなりの違いがある。
なので
三軍に次ぐ四軍の選手をそろえるのか、
今の二軍と三軍の間に相当する選手を集めるのか

まだ見えてこない。
また
一昨年支配下で獲得した高卒野手4人のなかで
三軍でそれなりの打撃成績になったのは井上1人だけ。
支配下での指名であっても
即二軍で鍛え始められるわけではないことも
補強ポイントの判断をより難しいものにしている。

一軍に言及すると、
急を要しているのはショート。
野村勇にもショートのオプションをつけようとするぐらいだから
チームは相当な危機感を持っていると思われる。
あとは柳田のコンバートから
後継者を固定できていないセンター。
支配下での大学生・社会人の指名も視野に入るのは
この2点か。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような戦術は以前にもましてとりづらい。
一軍で使える投手を増やしていくことが
どのチームでも最重要課題になる。

 

補強ポイント

現代の一軍での投手運営を考えると、
特にファーム組織を拡充するのであれば
二軍は単なる育成の場ではなく
準一軍として位置付けたいところ。
そのためには
今の二軍では先発リリーフともまだまだ不足している。
特に先発は
一・二軍合わせてもぎりぎりの人数しかいない。
既に二軍登板が増えている重田に
育成の岡本と中道、
さらにドラ1の風間も
二軍先発枠に入ってくる可能性はあるが、
ドラフトの支配下指名でも補充しておきたいところだ。
またこれまでのホークスの傾向からいくと
リリーフは
即戦力となる大卒・社会人投手を3年獲らないと
人材難に陥る。
ここ2年間はそういう選手を獲れていないため
リリーフ起用を想定した即戦力も
そろそろ獲得しておきたい。