スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

秋春制論者が「言わなければならない」こと

スポンサーリンク

今回はたまにサッカーの話をしてみよう。

 

夏or冬

現在Jリーグの再開が先延ばしになるなかで、
一時期騒がれていた
春秋制から秋春制へ移行の声が再び高まっているという。
この秋春制論者の主張で多いのが
夏の暑さに対する懸念だ。
このブログでは野球の視点から
夏の暑さと雨量について既に取り上げているが、
逆に日本の冬についてはどうなっているだろうか。
ちょっと見てみよう。

寒さ

先に結論から言ってしまうと、
寒さについては日本より欧米の方が寒い。
ヨーロッパの都市と
屋外スタジアムのNFLの都市をいくつか見てみよう。
今回も欧米の数字はWeatherbaseを、
日本の数字は気象庁を参照している。
なおアメリカでNFLを参考にしているのは
MLS春秋制リーグだからだ。

各地気温

体感温度は「改」が改良ミスナール(1972年)、
「ミ」がミスナール(1937年)。
ここでは最も寒い月を載せているが
ほとんどの都市では1月になった。
欧米は最高気温0℃前後のところが結構あり、
風も強いため体感温度はさらに下がる都市が多い。
なので単純な寒さの比較で考えた場合、
「寒いから」が秋春制反対の理由になる地域は少ないようだ。
もっともプロ野球だと
春先の仙台でのデーゲームにしないといけないのを踏まえると、
欧米人に比べて日本人が寒さに弱い可能性は考慮しないといけない。

また本当に快適な観戦をしたいのであればさらに話は変わる。
基準となるのはサッカーではなく
NFLスーパーボウル

スーパーボウル気温

スーパーボウル」は風速3.5m/sと仮定している。
スーパーボウルは屋外で行われる場合、
ほとんどの開催地が最高気温20℃超。
基本的には華氏50度以上、摂氏で10度以上だそうだが、
おそらく実際に試合が行われる
午後5時から7、8時前後の気温を指すのだろう。
なおニューヨークは一度限りの例外になる可能性が高い*1
この基準にそって考えると、
さすがの日本もアウト判定の地域が多くなる。

日本は寒さに関して言えば
「寒さに耐えながら観戦するには欧米よりはまし」が
結論になるだろうか。
ただしいくらか快適な観戦が可能なのは
九州の一部と沖縄、静岡ぐらいだし、
リーグ最終戦や開幕戦といった特別な試合ではない普段の試合で
12~2月の寒い中
観客が多く入るかは未知数だ。

 

降雪量

NFLから読み解く降雪量の基準

降雪に関して考えないといけないのは
「どの程度の降雪量なら天然芝を維持できるか」。
現在のJリーグでは人工芝5%以下のハイブリッド芝は可だが
完全人工芝は認められていない。
これについては
天然芝と人工芝が混在しているNFLを参考にしよう。

NFL降雪量

実のところ、
weatherbaseにはヨーロッパの降雪量がほとんど載っておらず
ヨーロッパの具体的な数字を出すことはできない。
ただドイツ主要都市の中で豪雪と言われるミュンヘンは、
姉妹都市の札幌によると年間100cm程度だそうだ。
アメリカの豪雪地帯に比べればそこまででもなく、
多い月でも3~40cmぐらいか。
これらを総合すると、
天然芝が育つ限界点は
クリーブランドバッファロー
月間50~65cmの間と考えられる。

まあそうだよね

日本については
1月、2月と年間降雪量を調べてみよう。

Jリーグ降雪量

えらいことになった。
欧米とは文字通り
(1ヶ月、2ヶ月単位の)桁が違うようだ。
北海道と仙台以外の東北に加えて
日本海側は本州のほぼ全域が全滅である。
東北の中では雪が極端に少ない仙台が発達したのもうなずける。
また同じ県でも、
たとえば長野だと松本市長野市ではかなりの違いがある。
松本山雅ができたから長野パルセイロもできる
とはならないようだ。
青森でJ3チームが青森や弘前じゃなく八戸にあり、
青森市陸上競技場に屋根をつけられないのもこの雪が原因だろう。
最近は雪が極端に少ない年もあるが
他の年は今まで通りかそれ以上降ることも多いので、
降雪の懸念はさほど減ってはいない。
「今年降ってないから」はただの無茶ぶりだ。

 

秋春制のための改革案

ウィンターブレイクは不可欠

以上の点から、
日本では冬にサッカーはできないと断言できる。
シーズンオフ、ウィンターブレイクどちらの形であるにせよ、
冬に観客向けの試合をやるのは到底無理だ。
天皇杯高校サッカーなどは
よくあんな寒い時期にやるなと思うが、
これは雪の多い北国で開催しないことと、
高校野球などと同じで
あくまでJリーグ発足前のアマチュア向け、
観客が見ることを前提としてないがためにできたと考えられる。
スポーツビジネスであり
エンターテイメントであるJリーグ
同じ条件をつきつけてはいけないのだ。
秋春制にするにしても
ブンデスリーガと同じ1ヶ月程度のブレイクでは無理。
どう見ても現在のJリーグシーズンオフと同じ
2ヶ月半は必要不可欠となる。

とはいえ、夏の暑さもかなりの問題なのは間違いない。
だから気候的には
ウィンターブレイクならぬサマーブレイク導入も
検討対象にはなる。
こちらも実際の暑さを考えれば
できることなら7~9月半ばまで、
やはり2ヶ月半は必要だ。
となると、単純計算では
1チームあたり年間10試合程度の試合数減を余儀なくされることになる。
安易に減らせと言えるレベルではない。
減らさない場合、減らす場合両方の可能性を考えてみよう。

 

試合数を減らさない場合

ここはシンプルな方法が2つ。
まず昔のように水曜日も毎週試合を行うこと。
組み込む時期としては暑くもなく寒くもない季節が望ましいから
5~6月、9~10月の4ヶ月で計10試合追加となる。
選手の負担が大きくなるし、
平日夜でそこまで観客が入るのかは疑問*2
雨や台風が多い時期に重なるのも厄介な点だ。

もう一つは現行通りのまま、ブレイクを設けないこと。
この場合は
猛暑の真夏の夜に試合を行うのと
大雪も積もっている真冬の昼に試合を行うのと
どちらがましかで判断するしかない。
そして現在は
真夏は一応試合ができるが
真冬は芝が育たず除雪も厳しいので、
試合そのものがまだ可能な夏にリーグ戦を行っている
と解釈するとわかりやすくなる。
冬に試合をさせたいならドームや人工芝を認めるなどの対策が必須だ。

試合数を減らす場合

試合数を減らして対応しようとすると、
方法はこちらも2種類考えられる。
まず一つは純粋にJ1のチーム数を減らすこと。
10試合減らすと仮定すれば単純に5チームを削り、
J1を13チームまで、
ホーム&アウェイの24試合とする。
下部リーグも同じチーム数にしたほうがいいだろうから
もう少し細分化して
J4ぐらいまで作る必要も出てくるだろうか。
難点はJ2以下への自動降格で
観客動員大幅減のチームが多く出ることか。
少ないところでも15~20%、
多いところでは30%以上の減少*3が想定される。

あとはディビジョン制の導入。
現行の18チームを9チームずつの東西ディビジョンに分け、
同ディビジョンとはホーム&アウェイ16試合、
違うディビジョンとは1試合のみ9試合の
計25試合を行う形式
と、これではダメだね。
試合数は9試合しか減ってない代わりに
両ディビジョンのチャンピオンシップが必須になり、
休み期間がどんどん減ってしまっている。
ならBリーグと同様3ディビジョン制を採用し、
同ディビジョンとはホーム&アウェイ10試合、
他ディビジョンとは1試合のみ12試合の
計22試合が妥当な線か。
プレーオフは各ディビジョン1位+ワイルドカードの4チーム、
降格は最下位3チームを自動とする。
今年の状況だと中地区が神奈川ディビジョンと化しているが
これは運の問題だし、
そもそも日本は人口が南関東に集中しているから仕方ない。
もしくは日本人のプレーオフ嫌いの民意を反映して
勝ち点全体1位のチームを自動的に優勝とするか。
どちらにしても
ホーム&アウェイで34~38試合を行う欧米のリーグと比べて
試合数が大幅に少なくなるのは避けられないようだ。

 

秋春制のメリットとは

ここまで見てわかったことがある。
気候面では秋春制にする理由が一つもないのだ。
夏の暑さはたしかに大きな問題だが、
チームやリーグにとっては
試合が不可能というデメリットのほうがはるかに大きい。
ホームの自治体やチームには
スタジアムの建設・改修・維持費の問題も浮上する。
その一方で秋春制推進派からは
ハイブリッド芝程度じゃない完全人工芝を認める動きや
ドームスタジアム建設等*4への援助が打ちだされる様子はほとんど見られず、
「自己責任」「入ってくる北国が悪い」の声も
しばしば聞かれる。
またウィンターブレイク導入は
春秋制でサマーブレイクを設けるのと変わらず、
わざわざ変える必要があるのかにも疑問符がつく。

サッカーは門外漢だから正確なことは言えないけども、
これ以外で考えられる秋春制のメリットはこんなところだろうか。

  • ヨーロッパとの移籍がしやすくなる
  • 夏場にスタジアムをコンサートなどに使える

二つ目は「サッカー専用スタジアムで何させる」と
怒り出す人もいるだろうが、
比較的新しいイギリスの「サッカー専用スタジアム」は
大半がラグビーチームと兼用(≒球技専用)か
コンサートなど多目的に使われている*5
真冬の外でコンサートはあまりやらないだろうから、
これも秋春制の利点にはなりうる。
もっともアメリカだと
MLBの屋外総天然芝球場でも
シーズン中にライブコンサートが行われている
ので、
そこまで大きな利点ではないかもしれない。
そもそも日本だと
チームがスタジアム運営に関わっていない場合が多いし
騒音問題もある。

となると残るは最初の移籍問題。
しかし秋春制にすると、
J1に残留できても試合数が大幅に減るか
寒い真冬の試合や平日の試合が増える。
どの選択肢を採用しても
各チームの収益の激減が予想される*6わけだ。
その状況で果たしてそれなりの外国人選手と契約する金を出せるのか。
資金不足もあって
海外でプレーする日本人選手は増えても、
逆に日本に来る外国人選手がほとんどいないでは
リーグ、チームにとって何のメリットがあるんだろう。
外国人選手に関しては
まだ安くて若い選手を短期間で育成しては送り出すこと、
つまりは秋春制リーグへの選手供給リーグ*7として
生き残る道を選ぶことになるのか。

 

まずは腹を割って話そう

以上のことから、
秋春制論者が口にしなければならない「本音」を代弁するとこうなる。
「俺は秋春制にして
日本人選手をヨーロッパに移籍させたいんだ。
マイナーリーグの収入がガタ落ちして
経営が成り立たなくなろうが
北の田舎チームが刃向かって出ていこうが
知ったことか。
だまって俺様の言うことに従え」
しばしば秋春制アドバルーンをあげるサッカー協会*8
さすがにこんなことは言えないし
各チームへの負担の大きさも
自らの負担の大きさもわかっているから強行しないのだろうが、
そんなことを気にしなくていい外部の論者は
建前じゃなくこの本音をぶつけてから
議論を始めればいいんじゃないかな。

*1:寒冷地での開催はドームが前提

*2:対戦相手にもよるのだろうが、平日開催が多かった2018年を見ると平均で土日祝日の66%程度、チームによっては半数弱まで落ち込むようだ

*3:J2に降格した2018年のアルビレックス新潟は22,040人から14,913人へ、平均7,127人減少した。元々動員数の多いチームは同じ比率でも単純な人数でかなりの影響が出るだろう

*4:現行のままでも猛暑や大雨、芝の発育不良などへの対処を考えると議論すべき課題である

*5:つまりサンガスタジアムなどと同じ

*6:これはサマーブレイクも同じ問題を抱えている。猛暑を指摘されてもリーグが導入に踏み込めない理由だろう

*7:もちろん春秋制リーグを相手にした場合はこのメリットは消える

*8:おそらくは代表戦と、そこそこの数存在するJリーグは見ないが日本代表の結果にだけ興味があるファンに関心が向くためにこういう発想になりがちなのだろう