スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年中日ドラゴンズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①薄いようで若手には厚かった一軍の壁
②即戦力のショートサード獲得はあり。ただしファンの声に沿った放出は慎重に
③一軍でも二軍でもイニングを稼げる投手

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

D10年成績

2013年以降は2020年以外Bクラスが続く。
バンテリンドームの特性もあって
得点力が上がらないのは
2010、11年のリーグ連覇時からあまり変わってないが、
恩恵を受けるはずの投手陣も悪化の一途をたどっていた。
その投手成績のほうは
ここ最近改善傾向にあった。

 

2022年の成績

D順位2022.07.24

一軍固定される若手が増えているが
打力はさほど上がっておらず、
得点力はリーグ最下位。
タイガースと違って
失点の少なさでカバーするほどの力が
投打ともになく
この順位は致し方ないところ。
今はそれこそ「我慢の時」のはずだが、
これまでのドラゴンズに対して
さんざん「我慢しろ」と批判してきた人たちには
自分も我慢する気配が一向に見えない。

 

過去10年のドラフト傾向

ドラゴンズの1位入札は高校生が多く
2年連続の大学生・社会人指名は
1997、98年の
川上憲伸福留孝介逆指名までさかのぼる。
落合GMの時代でも2年に1回、
2017年からは4年連続で高校生であった。

2位指名は
2008年から5年連続で高校生だったが
13年以降はほとんど大学生になっている。
逆に3位は
2008~15年までが全て大卒・社会人、
16年以降は高校生が増えた。

行き過ぎた高齢化を是正するため
2013~15年は社会人野手の指名が激増したが、
16年以降の野手指名は高校生が多くなった。
支配下での高校生投手14人は
ジャイアンツと並んで12球団トップタイの数字。

問題はそこからの戦力の輩出度。
社会人野手は
2015年の指名選手が世代交代に一役かったものの
2014年指名組は打撃成績が伴っておらず
とても成功したとは言い難い。
その後が高校生主体になったのもあって、
外から見るとたいして厚くなさそうな壁も
未熟な若手ではなかなか破れない厚さだった。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

この前提条件を踏まえつつ
若手・中堅の具体的な成長速度やポジション適性、
ベテランの衰えかたなども含めて
補強ポイントを見定めることになる。
また
今年のドラフト候補で
ポイントに該当し
なおかつプロを志望する選手が少ない、
他のチームとの兼ね合いで
欲しい選手を予定している順位では獲れそうにない、
などといった場合には
補強ポイントを翌年以降に持ち越すこともよくある。
一回のドラフトで
補強ポイントを全て埋めきる、
投手・捕手・内野・外野のポジションを均等に獲得する、
といったことにこだわる必要はない
のだ。

 

2022年野手陣の状況

D打撃成績2022.07.24

HRがかなり少ないが
打率と二塁打がタイガースよりかなり多いため
長打率はそこまで低くなっていない。

DF年代表1

DF年代表2

これまでのレギュラーでは
大島が調子を上げ
木下が調子を落としている。
若手は岡林の成績がかなり上がった。
ただし他の若手は
若手やベテランの一軍成績よりも
二軍での成績が伸びていない。
逆に外国人選手のほうは
ガルシアまで成長すると
ビシエドがチームを離れたとしても
外国人枠とポジションが足りなくなる。
ところで
どうも見ていると
ドラゴンズファンの中では
石岡は「若手」で
高橋や京田は「二度と見たくもないベテラン」らしいのだが
いったいどういうことだろうか。

D若手C,OF

二軍の若手打者で成長を見せているのが
キャッチャー2人というのもちょっと痛い。
木下を週1、2日休ませる形で
郡司、石橋を使うやり方もあるが、
正捕手を固定する傾向が強い日本では
首脳陣にそのような起用を期待するのはまだ難しいか。
なお外から「若手を起用しろ」を批判する人たちは
そうした首脳陣以上にの徹底した聖域化を主張するので、
こちらの場合も2人のどちらかは排除されることになる。

D若手IF

最近のドラゴンズで気になるのは
若手・中堅が二軍でずっと伸び悩むだけじゃなく
伊藤や土田、一昨年から昨年にかけての石垣などのように
1年調子が良くても
翌年大幅に調子を崩してしまうケースも目立つことだ。
特に石垣は
昨年三振率も極端に跳ね上がったため
原因はわからないが
何かしらの問題を抱えながら出場していたと考えられるほどだった。
このような事象が続くと
チームや首脳陣の管理やサポートなどにも
大きな難点があるようにも見える。

またもう一つ気になるのはやはり根尾。
まだまだ難点は多いものの
二軍のリーグ平均を上回っているのは4年目で初めてだったが、
昨年は外野守備に素質の片鱗を見せたところで
再び内野へコンバート、
今年はバッティングでも明らかな成長を見せてきたところで
投手転向と、
どれだけ擁護されても
実際に投手としての能力を一軍で発揮したとしても
タイミングのちぐはぐさは否定できないのである。

 

補強ポイント

得点力が大きな弱点になっているため
投手よりも野手を獲るべきと考える人はかなり多いだろう。
ただドラゴンズは
昨年野手を大量指名した関係もあって
野手の支配下登録人数が全チームで最も多く、
投手の支配下人数は二番目に少ない。
後で書くが
この人数の偏りもチームの弱点になっている。
必然的に獲得できる野手の人数が限られるわけだ。
外野は昨年のドラフトで
一軍はともかく二軍が飽和状態にある。
一方で
年代表ではショート枠に入れている石垣と星野は
ショート以外での出場がほとんどで
根尾は投手コンバートのため、
京田と溝脇より下の年齢のショートが
実質的に土田とワカマツしかいない。
なのでショートは補強ポイントになる。
高校生でもいいが、
いっそのこと
巷の評価も高い大学生か社会人の上位候補を獲り
ドラゴンズファンやOBからのヘイトが極度に高い
京田に代えてのスタメン固定を促すのも、
チームや彼自身への罵倒を和らげる意味でも
ありかもしれない。
石川が使えないと
どうしても高橋周に役割が回ってくるサードでも
同じことが言えるが、
トレードや自由契約にすると
「さっさとトレードや戦力外で追い出せ」と言ってる連中が
手のひらを返してチーム批判をするのは
ドラゴンズに限らず野球ファンには非常によくあることなので
その点は慎重になるべきだろう。
あとは
A・マルティネスがほぼコンバートされているキャッチャーも
候補になる。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため
一部のドラフト評論などでも主張される

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような手法は
以前にもましてとりづらくなった。
それよりも

  • 最低限の出場選手登録人数にこだわることなく、一軍で起用可能な投手の絶対数を増やしていく
  • 今年台頭した若手が来年以降も活躍し続けることをあてにして、目の前の年齢(特に18歳)と将来性に特化した指名を繰り返してはいけない

これらがどのチームでも最重要課題になる。

 

2022年投手陣の状況

D投手成績2022.07.24

交流戦までいまいちだった失点数は
リーグ平均レベルまで持ち直した。

DSP年代表

DRP年代表

先発は
既に10試合以上先発した5人がまずまずだが
6人目以降は
故障したり一軍では打たれてしまったりで
うまくいっていない。
リリーフも
一部の選手の質は充実しているが
明らかに数が足りておらず、
しかも二軍で調子のいい選手がほとんど残っていない。
この点では
根尾の投手転向とリリーフ起用が
かなり重要な役割を果たしていると言える。

 

補強ポイント

先発では
髙橋宏や上田が一軍で投げられるようになり
リリーフでも
清水、山本などの若手が台頭しているが、
投手の数はまだまだ足りない。
故障で長く離脱している若手は
まだ二軍でも結果を出していないか
ほとんど投げられないまま離脱した選手も多く、
小笠原のような怪我からの復活の夢を見れそうな若手が
かなり限られているのだ。
それなら今年は
登録数も少ない投手を大量指名すればいいかというと
そう簡単にはいかない。
怪我の影響で育成枠に回っている若手は
復帰すれば再び支配下登録される可能性が高いため
この選手たちの枠を空けておきたいのだ。
そんな最近のドラゴンズの投手指名は
徹底した高校生重視で
戦力数不足をさらに助長する形になっている。
今年になってからどこかの記事で
ドラゴンズのフロントと現場の
認識の違いのようなことが書かれていたが、
このチームの場合
フロントと現場というよりは
現場も編成もフロントもOBも、
さらには編成内の編成とスカウトなどでも
全くばらばらに動いているような印象すら受ける。

前置きが長くなったが
補強ポイントは
残った投手に過剰な負担がかかることを防ぐためにも
すぐにイニングと登板数を稼げて
早い段階で一軍でも投げられる選手。
「すぐに」といっても
全員が1年目からではさすがにハードルが高すぎるが
できれば2年目までには
一軍に出てこられる選手に絞りたい。
大学生や社会人、独立リーグ、高校生問わず
一軍レベルに達するまで
あきらかに時間がかかる素材や故障持ちに行く余裕はもはやないのだ。