スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年中日ドラゴンズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①薄いようで若手には厚かった一軍の壁
②二軍で育成するサードまたは二遊間
③一軍でも二軍でもイニングを稼げる投手

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

2013年以降は2020年以外Bクラスが続く。
バンテリンドームの特性もあって
得点力が上がらないのは
2010、11年のリーグ連覇時からあまり変わってないが、
投手陣も悪化の一途をたどっていた。
その投手成績のほうは
ここ最近改善傾向にある。

 

過去10年のドラフト傾向

ドラゴンズの1位入札は高校生が多く
2年連続の大学生・社会人指名は
1997、98年の
川上憲伸福留孝介逆指名までさかのぼる。
落合GMの時代でも2年に1回、
2017年からは4年連続で高校生であった。

2位指名は
2008年から5年連続で高校生だったが
13年以降はほとんど大学生になっている。
逆に3位は
2008~15年までが全て大卒・社会人、
16年以降は高校生が増えた。

行き過ぎた高齢化を是正するため
2013~15年は社会人野手の指名が激増したが、
16年以降の野手指名は高校生が多くなった。
支配下での高校生投手14人は
ジャイアンツと並んで12球団トップタイの数字。

問題はそこからの戦力の輩出度。
社会人野手は
2015年の指名選手が世代交代に一役かったものの
2014年指名組は打撃成績が伴っておらず
とても成功したとは言い難い。
その後が高校生主体になったのもあって、
外から見るとたいして厚くなさそうな壁も
未熟な若手ではなかなか破れない厚さのものだった。

 

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

まだプロ野球開幕前後なので
シーズン中盤以降とは少し考え方が異なる。
基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

若手・中堅の成長や主力の不調・衰えなどは
シーズンが始まってしばらく経たないとわからないので、
基本的には全員が
平均的に成長し平均的に衰えると想定したうえで
考えていくしかない。
夏の大会までの成長具合が中心になる高校生はともかく、
大学生と社会人は
プロ野球がまだシーズン序盤の5月の時点で
公式戦の半分を消化してしまうため、
補強ポイントに合わせたドラフト候補の整理を
ある程度は進めておかなければならない。
そしてシーズンが中盤・終盤にさしかかれば
ベテランの衰えかたや
若手・中堅の具体的な成長速度、ポジション適性なども見えてくる。
それらの経過によって
補強ポイントの誤差を調整していけばいいのだ。

 

補強ポイント

「とにかく若手を使う」ことが求められている立浪新監督。
実際に一軍で固定されている若手が何人かいるため、
彼らの一軍起用で二軍に空いた穴を
新たな若手で埋める。
これを野手の補強ポイントと考えることができる。
開幕時点ではサードと外野になるか。
ただし
昨年野手を大量指名した関係もあって
野手の支配下登録人数が全チームで最も多く、
投手の支配下人数は最も少ない。
必然的に獲得できる人数が絞られるわけだ。
外野は昨年のドラフトと根尾のコンバートで
飽和状態にあるので、
残るはサード。
最終的なポイントになるのは
高校時代にファーストも多かった星野と
昨年の二軍でファーストも多い石垣の
今年の主なポジションで、
彼らの守っているポジションに合わせて
サードまたは二遊間が空くはずだから
このどちらかが今年の指名候補となる。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような戦術は以前にもましてとりづらい。
一軍で使える投手を増やしていくことが
どのチームでも最重要課題になる。

 

補強ポイント

投手成績は改善傾向にあると書いたが、
その一端は30代前半から中盤のベテランが担っている。
このベテラン勢に明らかな衰えが見えた際に
代役となる選手の数が少なく、
そもそも故障などで育成枠となった選手が多く
支配下登録の若手自体が少ない。
早い段階で手術に踏み切り
復帰後に戦力となっているならまだいいのだが、
3年のブランクを経て一軍登板した濱田も
すぐに再び故障で育成枠に戻っている。
戻ってくれば再び支配下登録される
この選手たちの枠を空けておきたいため
さらに投手が獲りづらくなっている。 それでも
残った投手に過剰な負担がかかることを防ぐためにも
イニングを稼げる投手が欲しいところだ。