スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年北海道日本ハムファイターズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①「若手偏重」か「2023年」か
②今も育成には自信あり?
③獲得しそうなのは高校生の二遊間

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

F10年成績

2012年にリーグ優勝、
2016年には日本一。
2013年の最下位からは短期間で立て直したものの
2017年以降は再建がうまくいかず
下位に沈んでいる。
単純に得失点のバランスが悪く
低迷すべくして低迷しているところではあるが、
投手の成績に対して失点がいささか多い。

過去10年のドラフト傾向

F10年1巡

「その年最も良い選手に行く」を合言葉に
大競合への特攻を繰り返してきたが、
2008~12年に限定すると
「一番人気」入札はたったの1回、
3チーム以上の競合も合計2回しかない。

F10年2・3巡

2010~12年に
3年連続で高校生野手を指名した2位は
高校生野手と社会人投手が多い。
3位はあまり大きな特徴がなく、
その時残っていた選手から
状況に応じた指名が行われている。

F10年指名人数

F10年主な戦力

支配下では相変わらず
高校生野手の比重が高い一方で
2020年は14年ぶりに社会人野手が指名された。
昨年は地元枠以外の社会人野手も解禁されたわけだが、
主な戦力を見るとその理由がよくわかる。
野手は使われているが
故障などもあって
なかなか成績が伸びない選手のオンパレード。
大谷の次に打撃成績がいいのは
ファイターズファンにアンチも多い渡邉である。
また投手も先発がいまいち育っておらず、
育った選手は早くにMLBにも行ってしまうため
状況がさらに苦しくなっている。

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

まだプロ野球開幕前後なので
シーズン中盤以降とは少し考え方が異なる。
基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

若手・中堅の成長や主力の不調・衰えなどは
シーズンが始まってしばらく経たないとわからないので、
基本的には全員が
平均的に成長し平均的に衰えると想定したうえで
考えていくしかない。
夏の大会までの成長具合が中心になる高校生はともかく、
大学生と社会人は
プロ野球がまだシーズン序盤の5月の時点で
公式戦の半分を消化してしまうため、
補強ポイントに合わせたドラフト候補の整理を
ある程度は進めておかなければならない。
そしてシーズンが中盤・終盤にさしかかれば
ベテランの衰えかたや
若手・中堅の具体的な成長速度、ポジション適性なども見えてくる。
それらの経過によって
補強ポイントの誤差を調整していけばいいのだ。

 

補強ポイント

FF簡易年代表

中堅からベテランにさしかかった主力を
昨年何人も手放したため
チーム構成は若くなった。
今後のフロントが
さらなる若手偏重にシフトしていくのか、
来年に向けた戦力拡充を図るのかが
まだ読めず、
野手の補強ポイントを見るのが難しい。
阪口を外野で起用しても
まだ人数の少ない外野がポイントか。
ここで一軍即戦力も狙うのであれば
社会人か上位候補の大学生、
若手偏重路線をとるなら高校生になる。
あとは
二軍の若いセカンドに
もう一枠余裕がありそうなので
二遊間の選手を1人。
ここはファイターズの傾向を考えると
今後の路線に関係なく高校生の可能性大だ。
また中堅・ベテランにも主力はいるので、
ドラフトで野手を何人も獲る場合は
昨年ほどではないにせよ
一軍戦力を数人自由契約にしなければならないだろう。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような戦術は以前にもましてとりづらい。
一軍で使える投手を増やしていくことが
どのチームでも最重要課題になる。

 

補強ポイント

二軍の若い投手がいささか伸び悩み気味。
その中ではまだ悪いほうではない望月、吉田輝も
イニング数が少なかったとはいえ
1年目の根本よりも結果を残せていなかった。
長期離脱する故障者も多く
一軍要員をそろえるのも難儀しそうな構成で
何とかして即戦力を集めたいところだが、
昨年のドラフトでは
ほぼ高校生を指名し
大学生も6位の長谷川と8位の北山だけ。
チームは現在の戦力と育成力にかなり自信があるようだ。
なので全員が高校生ではないにせよ、
投手も高校生中心で
プラスあまり実績のない大学生か高卒3年目の社会人を1人。
そんな指名も考えられる。