スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2022年横浜DeNAベイスターズ ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

①ショートは「即戦力」より守備に期待?
②宮崎の後継候補となる内野手
③リリーフとして使える即戦力投手

 

 

戦力・ドラフト傾向分析

過去10年の成績

By10年成績

2016年以降は
6年間で3回CSに進出、
2017年は日本シリーズも経験した。
近年は打線よりも
投手の改善が進んでいるようだ。

過去10年のドラフト傾向

By10年1巡

昨年DeNAになってからちょうど10年、
競合6回目にして
初めて1位入札の抽選が当たった。
結果的に大学生投手の1位獲得が多くなっているが
入札は高校生も多い。

By10年2・3巡

2位は今のところ全て大学生と社会人。
3位のほうは
ちょうどAクラス入りした2016年から
高校生が増えている。

By10年指名人数

By10年主な戦力

長らく暗黒期が続いたこともあり
しばらく大学生・社会人偏重の指名になっていたが、
2012、17年以外は
高校生の投手と野手も最低1人ずつ獲得している。
その反面
2位以下の大卒・社会人投手がいまいち戦力にならず、
高卒も一軍直前から伸び悩む印象が強い。

野手補強ポイント

野手についての基本的な考え方

まだプロ野球開幕前後なので
シーズン中盤以降とは少し考え方が異なる。
基本的な前提条件はこうだ。

  • 若手は全盛期(年代表オレンジ)に向かって少しずつ成長する
  • 全盛期の選手は同じぐらいの成績で推移するかゆるやかに衰える
  • 全盛期を過ぎた選手は特に守備がいつ大幅に下降してもおかしくない

若手・中堅の成長や主力の不調・衰えなどは
シーズンが始まってしばらく経たないとわからないので、
基本的には全員が
平均的に成長し平均的に衰えると想定したうえで
考えていくしかない。
夏の大会までの成長具合が中心になる高校生はともかく、
大学生と社会人は
プロ野球がまだシーズン序盤の5月の時点で
公式戦の半分を消化してしまうため、
補強ポイントに合わせたドラフト候補の整理を
ある程度は進めておかなければならない。
そしてシーズンが中盤・終盤にさしかかれば
ベテランの衰えかたや
若手・中堅の具体的な成長速度、ポジション適性なども見えてくる。
それらの経過によって
補強ポイントの誤差を調整していけばいいのだ。

 

補強ポイント

ByF簡易年代表

昨年のドラフト前には
即戦力のショートを補強ポイントと考えていたのだが、
ここで高校生の粟飯原を獲得した。
この様子だと
二軍のショートは粟飯原をメインとし、
森は守備を重視しての一軍中心起用の可能性がある。
セイバーメトリクスの研究が進んだことで
守備力の評価が近年上がっているため、
「バッティングのマイナスも
守備で補える程度なら当面はそれで充分」と
フロントが考えることは充分ありうるのだ。
これ以外の
大学生・社会人が欲しい補強ポイントを考えると
サードになる。
宮崎の衰えが早まった場合、
知野、小深田、伊藤裕、田部だと
やや心もとない。
前から言っているが
サードが補強ポイントだからといって
サードにこだわる必要はない。
キャッチャーと外野は
人数枠との相談次第。
特にキャッチャーを獲るなら
現在の一軍主力の誰かを
あえて手放す覚悟も必要になる。

 

投手補強ポイント

投手についての基本的な考え方

野手と比べて
投手は年齢による成長・衰えのばらつきが激しく、
故障や不調などからくる戦力外も早い。
また近年は
個々のイニング、登板数を抑える代わりに
投手の調子を見極めた一・二軍の入れ替えが激しく、
一軍である程度使われる主力の数そのものは激増している。
そのため

  • 二軍以下で将来を見越して何年間も育成し続ける
  • より力のある選手を差し置いてでも、若い投手をただ一軍で使い続ける

このような戦術は以前にもましてとりづらい。
一軍で使える投手を増やしていくことが
どのチームでも最重要課題になる。

 

補強ポイント

ByP簡易年代表

先発候補、リリーフ候補を見てみると
先発候補の数そのものはかなり多く
リリーフは頭数が不足している。
先述のように
二軍で育成中の先発候補が一軍手前で伸び悩むため、
実際に一軍で使える選手との合計数が
どうしても膨れ上がってしまうのだ。
また故障で長期離脱する先発要員も多い。
チームは基本的に
高卒を数年先発で育てたがるので
小園以外に松本、髙田、深沢が
しばらく先発に回る可能性もある。
中川、浅田らの使い方にもよるが、
それだとリリーフ候補がますます足りなくなる。
これらのことから
最初からリリーフ起用を想定した即戦力が
補強ポイントとして浮かび上がってくる。
上位指名にこだわる必要はないが、
頭の片隅に入れておきたい要素だ。