スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2021年阪神タイガース ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

スタッツは2021年7月14日終了時点。
前半終了時点では今年の候補よりも
補強ポイントに内容を絞っていく。

 

 

戦力分析

48-33-3 .593① 343④-304② .560②

巨人、ヤクルトに若干迫られてきたものの
依然として首位を走っている今年の阪神
今年はルールの関係で
どうしても引き分けが多くなるのだが
他11チームの最少が9に対して
タイガースだけは3と異常に引き分けが少ない。

 

野手

平均得点4.08③ RC347④ SLG.398④ OBP.311⑤ OPS.708④ SB71①

TF年代表

平均得点は4年ぶりにリーグ上位。
ルーキーの佐藤輝と
マルテ、サンズの外国人2人が好調だ。
主力の大半がそこそこ好調だった2017年とは違って
梅野、大山など
個人成績ではむしろ調子を落としている選手も多いが
近本やルーキー中野の存在もあり
接戦で勝ちを拾うことができているようだ。
スタメンとベンチ要員が明確に分かれているのも
今年の特徴。
二軍も得点力が高いのだが
好調な選手は外野に集中しており
それ以外でまずまずなのは小幡ぐらい。
島田と小野寺は
一軍によほどのアクシデントがないと
今年は出番がなさそうだ。
ファンの期待度が高い井上は
33~35%のリチャード、石垣雅海を上回る
三振率38.0%。
ちなみに一軍の佐藤輝は36.7%である。

 

投手

ERA3.32② WHIP1.22② FIP3.59② K/BB:2.50③ K-BB:11.2%④

TSP年代表


TRP年代表

投手陣は今年も優秀。
例年に比べると
リリーフ陣にやや不調な選手が目立つが
ルーキーの伊藤将や2年目の及川など
新しい選手も台頭している。
ここ2年間は
奪三振率が大幅に減少しているのが少し気になる点。
もともと三振率の高い
メッセンジャー藤川球児がいなくなったのが
大きな要因と思われる。
二軍は好調な選手がかなり限られていて
あまり余力が残っていない。
藤浪、齋藤、及川は
下では先発要員である。

 

補強ポイント

過去のドラフト傾向

T1巡

基本的に大競合への特攻が多い。
くじ運が良くないわりに勝利数が多いのは
もっと運が悪いチームとの対決によるもの。
例外は2012年のロッテぐらいだ。

T2・3巡

3位指名まででは
野手の指名が全12チーム中最多で、
2年目に野手転向した一二三を加えると
野手獲得率は50%を超える。

T指名数

野手は世代交代に苦労し続けたこともあってか
大学生の指名が多く、
一気に若返りを図った
2015~17年は特に顕著だった。
長らく「高齢の即戦力ばかり獲る」と叩かれていたが
社会人はあまり獲らず
最近増えた社会人投手も
22歳以下の選手が多い。

新戦力の裏で切迫している問題点

ここ数年のドラフトの成果もあり
何とか世代交代を果たしたタイガース野手陣。
主力とベンチ要員の陣容からいくと
これ以上の戦力増強は
当面難しそうに見えるため
ドラフトでも現有戦力の底上げは図りたいところ。
ただしタイガースの場合
守備力の増強をしようとすると
守備や肩だけで打力は三の次ぐらいの選手を
獲りに行くことが多い。
すぐに主力争いをできる打力の選手を獲らないと
糸原や中野、木浪クラスになるのも難しいので注意したい。
次世代候補はかなり問題。
5年後が想定可能なのは
小幡とぎりぎりで井上が入れるかどうか。
現状だと2年目の遠藤と藤田が特に厳しい。
現在の主力の年齢、
野手の年齢バランスを考えても
今年獲得すべき野手は大学生。
セカンド起用を想定できる内野手
島田、小野寺が一軍へ回った場合に入る外野手、
そしてキャッチャーを
支配下枠との兼ね合いを見ながら指名したい。
そんな無茶なと言われるかもしれないが
最低でも想定したいのは
大学時代の高山や江越ぐらいの打力を持っている選手だ。
もし高校生や社会人で
そのランクに達する選手がいるなら
それでも問題ないのだが。


投手はいささか悠長に構えすぎたようだ。
特にリリーフは先述のように
先発要員としていた3人を回して
何とか人数を保っている状態。
最初の2年間は通用した小野や
ドラフト時には評価が高かった守屋、
周囲からは投手育成で象徴的に扱われていた
望月、才木、浜地など
故障等もあったとはいえ
殻を破れていない選手が実に多い。
素材中心の指名をし
その素材を短期間戦力にすることには長けていたが、
そこからすぐに長く活躍する選手へ成長したのは
今のところ青柳ぐらい。
秋山のような
「育った」あと7、8年の時を経て活躍しだす選手が
この中から何人も出てくるかは
疑わしい状況である。
二軍で制球難になっている西純や
これまでに獲得した
大卒・社会人の素材型と同じタイプの佐藤蓮など
評価が非常に高いここ2年のドラフトでも
この傾向は変わっていない。
大学生、社会人、高校生問わず
即戦力を指名していくのはもちろんだが、
藤浪、齋藤、及川などを見ると
先発タイプ、リリーフタイプの適正の見極めと育成にも
難を抱えている印象があるため
育成方針自体の見直しも
今後の課題になるように思う。