スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

2020年東北楽天ドラフト補強ポイント

スポンサーリンク

※成績、内容は8月30日終了時点

 

戦力分析

31-28-3③ 323①-274②

野手

平均得点5.21① RC324① SLG.430① OBP.351① OPS.782① wOBA.342① SB42③

2020楽天野手年代表

今年はHR数以外の打撃成績が軒並みリーグ断トツトップ。
ロメロ、鈴木大、小深田など新戦力が活躍し
浅村と茂木も打撃は好調。
鈴木大と小深田が複数ポジションに入れることで
守備の休養をとらせながらの起用が可能になったのは大きい。

2020楽天野手二軍

これまでに一軍実績のある選手は概ね調子が良く
一軍の層は厚くなっている一方で
実績に乏しい若手・中堅は状態がいまいち。
そんな中で黒川がHR4本を打っているにも関わらず
高卒ルーキーにしては粗さをあまり感じさせない成績になっている。
もっとも二塁打はまだ1本だし
オコエや小郷、和田を見てもわかるように
今年良かったから来年も打撃が順調に成長するとは限らない。
山崎幹など二軍成績がはるかに上のライバルも多いので
性急な一軍スタメン固定などはせずじっくりと育成したいところ。

 

投手

ERA4.20③ WHIP1.30② FIP4.12③ K/BB:2.22① K-BB:10.7%③ BABIP.289

2020楽天投手年代表

先発には実績豊富な30代の選手が多く、
彼らの故障や不調の年も多くなっているなか
若手・中堅選手がなかなか成長してこない。
唯一何年かかけて育成した形になるのが
大卒社会人の石橋とは。
今年先発転向も開幕当初は調子が悪かった松井が
一軍復帰後まずまずの結果を出しているのが救いだ。
リリーフも牧田や外国人選手の獲得などで
何とか数をそろえている状況。
移籍してきた高田は
ここで出した数字はそこまで悪くなさそうに見えるものの
大量のヒットと失点を許しており防御率は7.23*1
移籍直前の巨人でも三軍メインになっていたので
何らかの理由で今年はかなり状態が悪いのだろう。
昨年までの「すぐ近い将来での有望株」の認識は
いったん捨てるべきである。

 

補強ポイント

近年の指名方針がどんな結果をもたらすか

野手の主力には30代に入った選手が多く、
次世代も次々世代も明確に意識しなければならない時期。
もっとも大卒・社会人の指名やFAを駆使したため
打線を高いレベルに保ちつつ
かなりの数の選手を固めた25歳前後への移行はしやすくなっている。
ドラフトでは次々世代へ備えた
高校生・大学生の指名が中心になってくると思われるが、
支配下も育成枠も運用できる選手の数は限られているので
センターラインを中心に少しずつ進めていくことになる。
1回のドラフトで全て獲りきらなかったからといって
ファンや評論家は安易に批判しないことだ。
あと次世代も長打力はそこまで高くないから
社会人や大学生のスラッガーを獲っておくのもあり。

これまでの楽天の投手指名をある意味象徴しているのは
今季リリーフで調子が良くなった安樂。
上位で高校生投手を獲り
早い段階で使うことが多かったのだが
先発としての育成や故障の予防などがうまくいかず、
今のところ最初から先発で育ったのは
1年目から一軍レベルだった田中将大
下位指名の辛島だけ。
安樂の5年もそれなりの長さではあるが
チームには菊池保則のように10年近く先発で育成された後
リリーフで開花した選手もいる。
加えて大卒・社会人指名もあまりうまくいかず
日本一の年も含めて
投手の人材難がずっと続いていた。
今年も昨年のように
マチュア時代の実績というかイニング数の少ない投手を
多く獲りにいく可能性がある一方で
今年は公式戦の関係で
ほとんどの選手が例年よりイニング数を消費していない。
この場合はどういう方針になるのだろうか。

*1:9月9日時点では9.64に悪化