スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

ホークスのショートはいかにして「抜擢」されたか

スポンサーリンク

今回はホークスのショートの歴史。
前置きは抜きにしてさっそくいってみよう。

 

 

不運も重なった暗黒期のショート事情

かなりさかのぼって
1984年から見ていこう。
それまでの南海のショートは
低打率だが二桁HRは何度か記録している強肩の定岡。
高卒4年目の75年からスタメンに定着していた。
ところが84年に定岡がアキレス腱断裂の重傷を負う。
最終的に代役を務めたのは
既に外野やサードで何年も出場していた久保寺だったが、
この久保寺がシーズンオフに急逝。
緊急という言葉すらぬるいレベルの
異常事態が勃発してしまった。

南海・ダイエーSS1984-2000

このメンバーを見るといかにとんでもない状況だったかがわかる。
大怪我の影響が強く見えていたと思われる定岡の代わりに
守備要員だった小川のスタメン出場が増えたが、
注目したいのは二番手。
この枠になんと高卒1年目の湯上谷が入ってきている。
「抜擢」などとさわりのいい言葉で表現してはいけない
事態に陥っていた。
その湯上谷は内野控え要員を務めながら
88年にショートスタメンの座を得るが、
今度は湯上谷が秋季キャンプ中の故障で翌年全休。
踏んだり蹴ったりの状況を
小川と中堅・ベテランの補強で何とかしのいでいる中、
92年開幕戦からルーキーの浜名がスタメンに定着し
ショート問題にようやく一定のめどがついた。

ただ浜名も小川ほどではないがバッティングが伸び悩み、
96年頃になると
小久保裕紀以外の内野全般の伸び悩みと高齢化も顕在化していた。
96年のドラフトではこの状況を解決すべく
逆指名争奪戦の末井口を獲得したが、
この井口もショート時代は伸び悩む。
低打率が災いしたか
HR21本を記録した98年も今見るとこの程度の数字に留まり、
完全に開花したのは
故障での離脱と鳥越の台頭などがあってセカンドへ移った後*1だった。

余談だが
現在野手は高校生以外の指名がほとんどないホークスも、
70年代後半から90年代の
いわゆる暗黒期南海、ダイエーのスタメンは
ショートに限らず高卒が非常に多い。
門田博光新井宏昌藤原満
浜名、井口、小久保ら一部の選手と
外国人選手を除いた日本人主力選手は
トレード加入などのいわゆる外様も含めて
どういうわけか毎年10人以上が高卒即プロ入りの選手だった。
理由は
謎です。

川崎宗則の時代へ

ダイエー・ソフトバンクSS2001-11

鳥越はバッティングが弱く
代打を送られることも多かった。
年齢的にも大幅な伸びが期待しづらい状況の中で
2003年、サードの小久保が全休したところに4年目の川崎が抜擢。
翌年からはショートに固定されていく。
…というのが一般的な印象だと思うが少し違う。
その前の2002年、
川崎はショートでも少し出場機会を得ていたが
9月に入って井口が戦線離脱。
その際に
二軍では1年目からセカンドでの起用も多かった*2川崎が
一軍セカンドに起用された。
一方、翌2003年は
開幕戦からショートスタメンを勝ち取るものの、
小久保の抜けたサードの穴が
ネルソン、本間、鳥越らでは埋められず
鳥越が元のショートへ戻り
川崎がサードに回る形に落ち着いた。
「若手だから抜擢」ではなく、
ユーティリティ性を備えていたことと
ベテランとの競争に実力で勝ったことが
飛躍の大きな要因だったと言える。

川崎はHR5本以上の年がないなど長打が少なく
四球をそこまで選ぶタイプでもなかったが
毎年のようにかなりの高打率を記録していたため
OPSもまずまずの数字を残していた。

今宮はなぜ「スタメンに」抜擢されたか

川崎は2011年オフにFAでMLBへ移籍した。
そこで抜擢されたのが高卒3年目ドラ1の今宮。

ソフトバンクSS2012-19

今宮は成績は良くなかったが使われ続け、
高い守備力に加えて
今では打力も備わってきた。
他のチームも育成上手のホークスを見習って
高卒の若手を我慢して使い続けろ、
というのが今通説として語られているがこれも間違いだ。

2012年の開幕ショートは明石。
今宮は一軍ベンチへは抜擢されていたものの
あくまで守備・代走要員で
しばらくスタメン出場はなかった。
ところがこの年は
4月下旬からセカンドの本多雄一20日強、
8月からはサードの松田宣浩が約2ヶ月故障で離脱。
その間元々ユーティリティの明石がそちらへ回り、
ショート専任の守備要員だった今宮がスタメンとなったのだ。

そして本多が戻ってきた後も
今宮は固定されていなかった。
本多復帰から松田離脱までの間、
明石のショートスタメンは34試合で
今宮は15試合。
このうち明石がスタメンを外れた試合は10試合なので
基本は明石としつつ
両者の調子や守備などをみて今宮が起用される形だったようだ。

今宮が「明石に代わって」スタメンに定着するのは
10月最終盤の2試合とCS。
今宮のスタメン定着は
ショート以外の内野主力に続出した故障者と
高い守備力を武器として
開幕ベンチ要員の座と終盤のスタメンの座を
競争の末勝ち取ったもの。
つまり運と自らの実力で手に入れたわけであって、
巷で求められるような
「育成」という名の聖域化で
与えられたものではなかった
のだ。
しかし記憶を書き換えることができるのが人間という生き物。
わずか8年前の出来事だが
覚えている人は非常に少ないらしい。

さて現在の今宮は
守備力に加えて打力にも磨きがかかった反面、
故障が増えてきたため
スタメンショートとしての限界は
一般的な年齢よりも早く訪れる可能性がある。
一昨年のドラフトで小園海斗を入札しているので、
緊急というほどではないが
その可能性を想定に入れた
編成プランが練られているのは間違いないだろう。
二軍の主力になっている川瀬、古澤や三森大貴、
高卒ルーキーの勝連大稀や伊藤大将で充分対処可能と考えるか*3
それとも大学生・社会人ショートを獲るのか。
今後のドラフトではどのような選択をしてくるだろうか。

*1:井口の起用でセカンドへ移っていた浜名らの衰えが目立ってきたのも大きい

*2:ショートは本間満や浜名、同期の田中瑞季なども多い

*3:または人数枠やドラフト候補の力量を見て現有戦力で対処せざるを得ないと考えるか