スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書いていくブログ。更新頻度は気まぐれ

ドラフトで暗黒期を作る方法

スポンサーリンク

 

このブログではこれまで、
暗黒期あるいは暗黒期と言われることが多いいくつかのチームが
「暗黒期」突入前の10年間にどのようなドラフトをしてきたかを見てきた。
本当はこのシリーズもう少し続く予定だったのだが、
来週がドラフト本番でもあるので、
ここで一通りのまとめをしておこうと思う。
なお今回は表はほぼない。

野手陣の暗黒化に定形はない

暗黒期前数年間のドラフトに、これといった定形パターンはなかった。

高校生中心 横浜、広島、
大学・社会人中心 中日、ロッテ、オリックス
バランス型 ヤクルト、阪神

大雑把に分類するとこうなるが、ものの見事にばらけている。
ただし主力の編成からは、暗黒期が近くなるパターンはある程度見える。
危険なのは主力がほぼ同年代の選手で固まっている時だ。
彼らの全盛期どころか衰えがほぼ同時期に来てしまい、
主力が全盛期の間に次世代を育てられなかった場合こそ、
暗黒期の到来になるわけである。
しっかり育つかどうかが全てであって、
どこからプロ入りしたかは一切関係ない。
暗黒期到来後のドラフトもやはり同じで、
「ほぼ確実に暗黒期」と言えるパターンはない。
数年間大社中心だった中日や横浜、オリックスばかりがクローズアップされるが、
広島や阪神のように
高校生野手中心の指名で破綻がさらに長期化したチームもある。

唯一共通しているのは、
「高校生を獲らなかったせい」「上位指名で野手が少ないせい」
と批判されることだけだ。
この批判をするためには、横浜や中日のように
「暗黒期突入の原因を暗黒期突入後のドラフトのせいにする」
こともいとわない。
また80~90年代阪神は、
暗黒期前がドラフト外入団を含めるとバランス型、
暗黒期後にはそれが高校生中心に変貌した。
「全盛期には次代に備えて高校生を獲れ」
「弱い時こそ将来を見据えて高校生を獲れ」という
大御所ドラフト評論家の主張を既に実践していたチームだったのだが、
その結果は長きにわたって貧打が際立つ暗黒期で、
しかも高卒中心指名を大社偏重だったことにして反面教師扱いされた。
我々が反面教師にすべきなのは
結果の出なかった高卒中心指名自体をなかったことにする
一部のドラフト評論家やファンである。

投手指名に存在するよくあるパターン

逆に投手指名はというと、
大半のチームに当てはまる法則が1つだけ見えている。
何年にもわたって高校生投手を大量指名することだ。
これをやったチームはたとえエース格が1、2人出たとしても、
ローテもリリーフも数が圧倒的に足りなくなり、
かなり高い確率でチームとしての投手陣が崩壊する。
いや、エースがいるほうが
「エースが1人いるから大成功。もっと高校生を」と
ほめられるから余計にたちが悪い。
特に目立つのがセリーグで、
中日、横浜、広島、ヤクルト、阪神
ほぼ全チームが該当する。
パリーグの場合も、
オリックスは95年までずっと高校生の比率が高く、
ロッテは年代の区切り方でわかりづらかったと思うが
2003~07年にかけて高卒投手を大量指名*1している。

ただおかしなことに、
投手を高校生中心に獲り続けたチームは打線から崩壊していく
ケースも多い。
そして野手が崩壊した後に
投手も完全崩壊して真の暗黒期が到来する、
こういうパターンも目立っているのだ。
だが「投手を高校生ばかり指名し続けたから野手陣がボロボロになった」
というのはいくらなんでも直接的な関連があると思えない。
どう考えればいいだろうか。
どうしても風と桶のような考察にならざるを得ないのだが、
あるとすれば「野手に比べて投手は余裕があるように見えたから」か。
野手の場合、世代交代に備えていないチームはない。
切羽詰まっていて長い時間かけて育てる余裕がないと思えば即戦力を獲り、
まだ時間をかける余地はある、
金やコネの関係で高校生しか獲れないなどといった場合は高校生を獲る。
これは例外なくどのチームもやっている。
ただし失敗する時は
どのような戦略をとっていても破綻するから困るのだが。
それが投手の場合だと、
野手に比べて若い主力や有望株が何人もいたり、
一軍を充分回せる程度の数が揃っているように見えるのだろう。
野手が高齢化しかけているだけに余計そう思えるに違いない。
そうした年齢層や育成力への自信、球場の特性などが相まって、
今のうちに育成しておこうという気になるのではなかろうか。
しかし実際には、投手はどこか一つが崩壊すると
他の選手への負担が増すこともあってか
雪だるま式に崩れ落ちていく。
一軍で使える投手の数を多くすること以外に対処方法はない。
そしてこの崩壊は、
二軍の若手有望株も容赦なく巻き込んでいく。
誰かが雪崩をかいくぐってエースに成長しても、
その頃には自分以外が全て焼け野原になっているわけだ。
そんな崩壊が、単に野手より遅くやってきただけと考えられる。

高卒投手を獲っても暗黒期を防ぐには

さっき投手陣に暗黒期が到来する条件を書いたが、
この点で高校生中心は相性が最悪である。
一軍で使えない投手はむやみに増やし、
しかも年齢が若いので簡単に戦力外にはできない。
こんな指名を数年間繰り返せば、
まだ若く未熟で成長の余地があったはずなのに、
既に疲弊と故障で成長が止まった投手陣が出来上がってしまう。
昔とある大御所評論家が
「最低でも支配下の1/3は高卒でなければならない」
と書いていたが、
むしろ支配下の1/3は上限と考えたほうがいい。
毎年故障者や不調者が出ることを考えれば、
一軍で使えない選手を最初から10人も置いておくなど到底できないことなのだ。

それでも高校生投手を獲りたい場合はどうすればいいだろうか。
そもそも、大学生と社会人ばかり獲ったとしても、
プロでの活躍がまず無理な選手ばかり獲ったのでは
何も考えず高校生を乱獲するのと同じだ。
じゃあどうするか。
チームの崩壊を免れる方法が全くないわけではない。

① 大社投手をしっかり獲る
しっかりと言っても、
90年代後半の横浜のように
上位で1人獲ったらあとは高校生を乱獲していいわけではない。
ドラフト評論家は大喜びするかもしれないが、
チームは確実に崩壊する。
せめて投手指名の半分以上は大学生や社会人、独立リーグにすべきだ。
たとえ高校生偏重になる年がどこかであったとしても、
それ以外の年では高校生投手指名を控えたほうがいい。
そうでなければ、せめて去年のホークスのような
大社投手偏重指名をしばしば挟まないとチームが持たなくなる。

② とにかく即戦力投手を獲る
①と同じだろうが、と怒る人がいるかもしれないが違う。
要点は「高校生でも即戦力に狙いを絞れ」ということだ。
高校生偏重になるチームによくある弱点は、
高校・大学・社会人等関係なく
成長に時間のかかる素材型を特に乱獲することだ。
これまた大喜びするのは大御所のドラフト評論家だけで、
現実の投手陣は壊滅への道を突き進む。
あるいは各チームの補強ポイントに何度か書いたことだが、
チームが一軍戦力として育てられる選手を獲ることだ。
「一軍戦力として」がポイントで、
いくら体幹は鍛えても制球難でとても一軍で使えない、では意味がない。

③ ドラフト以外の選手獲得手段を駆使する
あとは外国人、FA、トレード、海外からの出戻り、自由契約など
ありとあらゆる手段で使える選手をかき集めることだ。
大量の育成枠を活用して使える支配下登録選手の数を増やすのも
戦略の一つになっている。
生え抜き至上主義などはとっととどぶに捨ててしまおう。

今年は、佐々木朗希や奥川恭伸をはじめとした高校生投手が人気の年である。
ここ最近は指導方法というか選手のトレーニング手法などが
以前よりもかなり洗練されてきたためか、
早くに活躍しだす高校生投手は少し前までに比べて増えている印象がある。
だがそれにしても活躍する選手の数に限界はあるし、
何らかの理由で育たなかった時の保険は
しっかりとかけておかなくてはならない。
ドラフトの歴史を振り返ると、
こうした保険をかけることを怠ったり、
保険がうまくいかなかったときは暗黒期まっしぐらになる。
しかも一軍で使える投手数は今後ますます増加の一途をたどるだろう。
半世紀以上前の大エースの夢を見てるようなドラフト評論家や
その年の甲子園以外でしかドラフト候補を知らないファンの声に
惑わされることのない指名と評価が求められる。

*1:5年で14人。2003年の高校生5人指名もあって大社計13人を上回った